食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。
この際に起こるトラブルが便秘と下痢になります。

便秘は、排便に72時間以上かかり、腹痛などを伴うもので、女性に多いもの。
女性に多い最大の理由は、女性ホルモンが腸の蠕動運動にブレーキをかけているからです。

蠕動運動とは、口から肛門へ内容物を移動させる働きで、これが抑制されると排便まで時間を要します。
消化吸収はほとんどが小腸までで終わり、大腸では水分を再吸収して便を作っています。
蠕動運動が低下して内容物が大腸をゆっくり移動するとその分水分が吸収されすぎて便が硬くなり、余計に排便が難しくなるという悪循環も出てきます。

他にもストレスによる便秘もあります。
内臓などの機能を調整する自律神経のうち、交感神経が優位に働くと蠕動運動が抑制され、副交感神経が働くと蠕動運動が促進されます。
ストレスにさらされると、心身が緊張して交感神経が優位になるので、蠕動運動が低下してしまうのが原因です。

一方で下痢は便秘と対照的に便の水分が多い状態です。
大腸での水分の再吸収が便が大腸を通過する速度が速いため十分機能せず、水分が多い便として排便されてしまうからです。
早食いや暴飲暴食、アルコールや香辛料の刺激などで蠕動運動が早くなってしまうのが主な原因です。

だからこそ、よく食べよく飲む男性に多いんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  2. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
ページ上部へ戻る