食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。
この際に起こるトラブルが便秘と下痢になります。

便秘は、排便に72時間以上かかり、腹痛などを伴うもので、女性に多いもの。
女性に多い最大の理由は、女性ホルモンが腸の蠕動運動にブレーキをかけているからです。

蠕動運動とは、口から肛門へ内容物を移動させる働きで、これが抑制されると排便まで時間を要します。
消化吸収はほとんどが小腸までで終わり、大腸では水分を再吸収して便を作っています。
蠕動運動が低下して内容物が大腸をゆっくり移動するとその分水分が吸収されすぎて便が硬くなり、余計に排便が難しくなるという悪循環も出てきます。

他にもストレスによる便秘もあります。
内臓などの機能を調整する自律神経のうち、交感神経が優位に働くと蠕動運動が抑制され、副交感神経が働くと蠕動運動が促進されます。
ストレスにさらされると、心身が緊張して交感神経が優位になるので、蠕動運動が低下してしまうのが原因です。

一方で下痢は便秘と対照的に便の水分が多い状態です。
大腸での水分の再吸収が便が大腸を通過する速度が速いため十分機能せず、水分が多い便として排便されてしまうからです。
早食いや暴飲暴食、アルコールや香辛料の刺激などで蠕動運動が早くなってしまうのが主な原因です。

だからこそ、よく食べよく飲む男性に多いんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  4. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  5. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
ページ上部へ戻る