インスリンの過剰と代償機構

インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れとなります。

一定の間、飢餓状態において個体以外では、脳でかなりの量が消費されている唯一の燃料はグルコースです。

神経組織中の炭水化物予備量は非常に少なく、正常機能はグルコースが絶えず供給されることによって維持されています。

血漿グルコース濃度が下がると、最初に現れる症状は自律神経の興奮に基づく動悸、発汗、神経過敏となります。

なぜなら、これらの徴候の閾値は自律神経活性化の閾値より幾分か超えたところにあるからです。

さらに血漿グルコース濃度が下がると、いわゆる神経組織の糖欠乏症状が現れてきます。

これらの症状は、空腹感、錯乱その他の認知不全などです。

これよりもさらにグルコース濃度が下がると、嗜眠、昏睡、痙攣状態となり最後には死に至ることさえあります。

はっきりしていることは、低血糖症状が現れたときにはすぐにグルコースを投与するかオレンジジュースなどグルコースを含んでいる飲み物を与えるべきことです。

普通は、これらの処置によって症状が劇的に改善されますが、もしも低血糖の程度が重いか持続するのであれば、知的鈍麻から昏睡に至る異常が続くことがあります。

低血糖に対する重要な代償の1つは内因性インスリン分泌が停止することです。

インスリン分泌はグルコース濃度が約80mg/dLになると抑制されます。

さらに、低血糖時はグルカゴン、アドレナリン、成長ホルモン、コルチゾールなどのホルモンの分泌を促します。

アドレナリンの分泌応答は睡眠中は抑制され、グルカゴンとアドレナリンは、グリコーゲン分解を促進させることによって肝臓からのグルコース放出を増大させ、成長ホルモンは種々の末梢組織におけるグルコース利用を抑え、コルチゾールも同様の作用を持っています。

このような拮抗調節の中心はアドレナリンとグルカゴンだと言われています。

血漿アドレナリン濃度が上昇すると血漿グルコース濃度の下降は逆転されますが、アドレナリンとグルカゴンの両方とも上昇しないと、血漿グルコース濃度の代償性上昇は起こりません、

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  2. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  3. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  4. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  5. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
ページ上部へ戻る