肩甲上腕関節包靭帯

関節包の前・下壁の外層は肥厚し、線維結合組織によって補強されていますが、これは肩甲上腕関節包靭帯として知られています。

肩甲上腕関節包靭帯のほとんどの線維は上腕骨に付着していますが、ごく一部の環状線維は関節の周りにらせん状に巻きつき、その後関節包に再び合流します。

関節を安定させる緊張を生じるためには本来緩く存在する関節包靱帯がさまざまな程度に伸張されるか捻られる必要があります。

このようにして発生した他動的緊張により肩甲上腕関節にとって必要な機械的支持を得ることが出来るとともに極端な回旋や並列運動を制限することが可能となります。

関節包壁を強化することで関節包靱帯はまた肩甲上腕関節の関節内圧を陰圧に保持することを補助します。

このわずかな吸引機能により関節の安定性は高まります。

関節包を穿刺すれば関節包内外の圧力は等しくなり、その結果、上腕骨頭と関節窩との間の僅かな吸引力は失われます。

実験的に針を用いて関節包に穴をあけ関節内圧を取り除くことで上腕骨頭の下方脱臼を生じることが報告されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  2. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  3. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  4. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  5. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
ページ上部へ戻る