肩甲上腕関節包靭帯

関節包の前・下壁の外層は肥厚し、線維結合組織によって補強されていますが、これは肩甲上腕関節包靭帯として知られています。

肩甲上腕関節包靭帯のほとんどの線維は上腕骨に付着していますが、ごく一部の環状線維は関節の周りにらせん状に巻きつき、その後関節包に再び合流します。

関節を安定させる緊張を生じるためには本来緩く存在する関節包靱帯がさまざまな程度に伸張されるか捻られる必要があります。

このようにして発生した他動的緊張により肩甲上腕関節にとって必要な機械的支持を得ることが出来るとともに極端な回旋や並列運動を制限することが可能となります。

関節包壁を強化することで関節包靱帯はまた肩甲上腕関節の関節内圧を陰圧に保持することを補助します。

このわずかな吸引機能により関節の安定性は高まります。

関節包を穿刺すれば関節包内外の圧力は等しくなり、その結果、上腕骨頭と関節窩との間の僅かな吸引力は失われます。

実験的に針を用いて関節包に穴をあけ関節内圧を取り除くことで上腕骨頭の下方脱臼を生じることが報告されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  2. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  3. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  4. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
  5. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
ページ上部へ戻る