筋収縮による筋の伸張性低下

上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収縮が引き起こされている際の筋の伸張性は著しく低下しており、関節の運動性も低下します。

そして、この現象には筋原線維のアクチンとミオシンの間で形成されるクロスブリッジが大きく影響しています。

クロスブリッジは、興奮収縮連関によりもたらされる筋収縮を担うものですが、これには微小な伸張により容易に外れる弱い結合と、伸張を与えても容易には外れない強い結合とがあります。

そして、上記のような筋収縮が引き起こされている際のクロスブリッジは強い結合となっており、骨格筋の伸張性は著しく低下しています。

このような場合の典型例としては、痙縮や筋スパズムなどが挙げられ、骨格筋の伸張性は神経系の関与が大きいということが伺えます。

しかし、痙縮などの脳血管疾患片麻痺患者の骨格筋伸張性低下は、伸張反射の影響だけではなく、骨格筋そのものの変化も影響していると考えられています。

つまり、痙縮などによって筋収縮が持続的にみられると、二次的に骨格筋の器質的変化を招き、結果的に拘縮へと発展し、関節可動域制限が発生すると推察されます。

一方、クロスブリッジの強い結合は筋線維内のATPの枯渇によってもたらされ、クロスブリッジが形成したまま収縮機構が停止してしまい、筋線維は短縮位を保ったまま硬直状態となります。

この現象の主な例は死後硬直となりますが、末梢循環障害などによっても局所的に起こりうる現象であり、筋弛緩が阻害されることになります。

そして、このように筋弛緩がうまく行えないと筋収縮が継続されることになり、関節可動域は制限を受けることになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  4. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  5. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
ページ上部へ戻る