筋弱化が起こる要因

筋弱化が起こる要因としては

●硬さによる筋弱化
使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなることが原因で起こる筋弱化です。継続的な過用により非伸縮性組織の量が増加し、それにより筋の弾性が低下し、筋繊維の変性に繋がる虚血が起こり、最終的には筋弱化に繋がります。

●関節原性の筋弱化
関節原性の筋弱化は、関節機能障害・腫脹に引き続いて起こります。前角細胞を媒介とした筋の活動の抑制です。

●トリガーポイントによる筋力低下
トリガーポイントは、さまざまなストレス因子や刺激の反応として進行することがあります。過敏性の高い線維束では筋の刺激閾値が局所的に低下しており、非効率的な活性化、過用、早期疲労や筋弱化の原因となります。

●伸張性筋弱化
持続的な、繰り返される筋の伸張は、筋紡錘の活動を抑制してサルコメア単位の増加を引き起こします。さらに、習慣的な姿勢は筋の長時間ストレッチした状態と同様の状態を作ります。

●相反抑制
相反抑制では、特定の動きに対して拮抗筋の緊張が増加し、結果として主動作筋の出力(発揮)を抑制します。この力のアンバランスは関節内運動を変化させ、痛みを誘発し、理想的な機能を発揮できなくなります。
また筋弱化は、筋が実際に弱化している場合と筋が抑制されている状態に分かれます。

姿勢チェックなどの際に見られる左右差などの原因にもなる筋弱化の原因を正確に見極めることで、より効果的なアプローチが可能となり、姿勢改善に繋がります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  3. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  4. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  5. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
ページ上部へ戻る