運動学習とフィッツの三相説

人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。

中枢神経疾患における機能回復も同様な理解がなされ、運動制御の発達は運動学習の発展は運動学習の結果と考えられています。

また、運動学習を身体運動の自由度が拘束されていく過程として自己組織化現象としても捉えられます。

運動学習の主な理論として、シュミットのスキーマ理論、フィッツの三相説などがあります。

スキーマ理論は、たとえば街で見たことがない種類の犬を見ても犬と分かるように、学習された動作は、個々の具体的な運動プログラムによって記憶されているのではなく、抽象化されたスキーマ(図式)によって記憶されているというものです。

スキーマは過去の経験や応答、遂行結果により構成され、運動プログラムの選択を行う再生スキーマと、動作遂行中あるいは遂行結果の修正や調整の参照としての機能をもつ再認スキーマからなっています。

三相説とは、繰り返される学習過程を、運動技能が向上していく様子から初期相、中間相、最終相に段階化したものとなります。

初期相は認知相ともいわれ、運動課題や目標達成のための方法についての言語的理解から学習が始まる、いわゆる宣言的記憶の獲得段階です。

次に動作は、協調性のある滑らかな運動となる中間相の段階となります。

中間相は連合相ともよばれ、感覚フィードバックや結果の知識により自ら運動の誤りを修正できるようになり、運動の言語的説明が困難となります。

いわゆる宣言的記憶から手続き記憶へ変換が生じる段階となります。

さらに動作は時間的・空間的により高度に統合され、無駄なく、速く、滑らかとなる最終相に到達します。

最終相は自動相ともいわれ、手続きは自動化され、運動に対する注意は減少し、言語は動作遂行に不必要となります。

この段階になると動作は無意識に遂行可能となり、別のことをしながらでも課題を遂行できるようになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  2. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  3. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  4. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る