振動刺激と筋弛緩

痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収縮の抑制、つまり筋弛緩を図る、あるいは痛みを取り除くことによって関節可動域制限が改善する可能性は高くなります。

運動療法の1つであるストレッチングは、筋収縮を抑制する目的でも広く臨床で行われており、Ib抑制により筋弛緩が図られます。

一方、物理療法の各ツールでも筋収縮を抑制することは可能であり、これは徒手で行う治療手技とは違い、治療者の技量の影響はあまり受けません。

物理療法の数あるツールのなかでも振動刺激法は、多様な器具が存在し、その使い道も非常に多岐に渡ります。

振動刺激法は、バイブレーターとよばれる器具から発せられる振動を骨格筋に負荷し、筋弛緩を図るものですが、そのメカニズムに関しては全てが解明されているわけではありません。

しかし、近年の研究結果はその効果を支持するものとなっています。

Bongiovanniらは持続的に最大収縮させた前脛骨筋に振動刺激を負荷すると、筋出力とα運動ニューロンの発火頻度が一過性に減少したと報告しています。

また、Desmedtらは、アキレス腱に周波数や振幅を変化させて振動刺激を負荷し、同時にヒラメ筋からH波を導出する実験を行っています。

この結果によれば、振動刺激の周波数が低いほど、または振幅が大きいほど、H波は減少することが示されています。

H波振幅は、脊髄前角細胞の興奮性を表す代表的な指標であり、脊髄前角細胞の興奮性が増すとα運動ニューロンも興奮し、これは筋の持続的収縮の主要因となります。

つまり、低周波かつ大きな振幅の振動刺激は筋収縮の抑制に働くことを示唆しています。

振動刺激によって筋収縮の抑制が図られるメカニズムについてGilliesらとBoveらは、以下のように述べています。

すなわち、骨格筋に負荷された振動刺激は筋長の微小変化という形で筋紡錘に感知され、その情報がIa線維やII線維に伝わり、介在神経を介したシナプス前抑制の発動によってα運動ニューロンの興奮性を抑制するというものです。

つまり、振動刺激によって筋収縮の抑制が働くというメカニズムは、脊髄反射回路の影響が大きく関与していることは間違いありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
ページ上部へ戻る