振動刺激と筋弛緩

痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収縮の抑制、つまり筋弛緩を図る、あるいは痛みを取り除くことによって関節可動域制限が改善する可能性は高くなります。

運動療法の1つであるストレッチングは、筋収縮を抑制する目的でも広く臨床で行われており、Ib抑制により筋弛緩が図られます。

一方、物理療法の各ツールでも筋収縮を抑制することは可能であり、これは徒手で行う治療手技とは違い、治療者の技量の影響はあまり受けません。

物理療法の数あるツールのなかでも振動刺激法は、多様な器具が存在し、その使い道も非常に多岐に渡ります。

振動刺激法は、バイブレーターとよばれる器具から発せられる振動を骨格筋に負荷し、筋弛緩を図るものですが、そのメカニズムに関しては全てが解明されているわけではありません。

しかし、近年の研究結果はその効果を支持するものとなっています。

Bongiovanniらは持続的に最大収縮させた前脛骨筋に振動刺激を負荷すると、筋出力とα運動ニューロンの発火頻度が一過性に減少したと報告しています。

また、Desmedtらは、アキレス腱に周波数や振幅を変化させて振動刺激を負荷し、同時にヒラメ筋からH波を導出する実験を行っています。

この結果によれば、振動刺激の周波数が低いほど、または振幅が大きいほど、H波は減少することが示されています。

H波振幅は、脊髄前角細胞の興奮性を表す代表的な指標であり、脊髄前角細胞の興奮性が増すとα運動ニューロンも興奮し、これは筋の持続的収縮の主要因となります。

つまり、低周波かつ大きな振幅の振動刺激は筋収縮の抑制に働くことを示唆しています。

振動刺激によって筋収縮の抑制が図られるメカニズムについてGilliesらとBoveらは、以下のように述べています。

すなわち、骨格筋に負荷された振動刺激は筋長の微小変化という形で筋紡錘に感知され、その情報がIa線維やII線維に伝わり、介在神経を介したシナプス前抑制の発動によってα運動ニューロンの興奮性を抑制するというものです。

つまり、振動刺激によって筋収縮の抑制が働くというメカニズムは、脊髄反射回路の影響が大きく関与していることは間違いありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  2. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  5. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
ページ上部へ戻る