変形性股関節症を考える。

変形性股関節症はおもに関節軟骨の劣化、関節腔の減少、軟骨下骨の硬化、骨棘形成を明らかに主とした疾患です。

関節応力を分散する十分なメカニズムがなければ、著明な変性を起こし、形態が変化し、それがひどい場合には、関節のアライメント異常や骨棘形成によって引き起こされます。

その他の症状として、股関節周囲筋の萎縮と低下、朝のこわばり、コツコツとした音、軟部組織の炎症、異常歩行、ステップ長の変化などがあります。

変形性股関節症は、大きな能力低下を引き起こし、高齢者の10〜20%に存在していると言われています。

変形性股関節症と関連する機能制限は階段昇降、入浴、下肢の着替え、低い椅子からの立ち上げの困難といった機能低下を引き起こします。

変形性股関節症は一次性と二次性に分類されます。

一次性または特発性変形性股関節症は原因不明の関節炎で、まだ正確な原因は明らかになっていません。

一方、二次性の変形性股関節症は、関節の機械的破壊から起こる関節炎であり、これは外傷や過用から起こる可能性があります。

つまり、大腿骨頭すべり症といった構造上の欠陥、過度な寛骨臼前傾、近位大腿骨の異常形成、下肢長差、ペルテス病といった解剖学的非対称や異形成、反復性脱臼や不安定性といったものです。

あらゆる関節における変形性関節症の頻度は加齢とともに増加しますが、単に加齢のプロセスに焦点をあてることはできません。

もし加齢が原因であれば、すべての高齢者がこの疾患を発症するからです。

変形性関節症の原因は複雑で、単に摩耗や損傷と決めつけられません。

物理ストレスが股関節の摩耗速度と量を増加させるかもしれませんが、このことが常に変形性関節症を起こすわけでもありません。

変形性関節症と関連する可能性のあるメカニズムとしては、軟骨、遺伝学、免疫系因子、神経筋疾患および生化学的要因の基盤である代謝が考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  2. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  3. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  4. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  5. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
ページ上部へ戻る