手の開き(指の伸展)と筋の協調

手の開きは、つかみの準備のために行われます。

MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵抗は重力ではなく、外在屈筋の伸展による粘弾性抵抗によるものと言われています。

この筋内で発生する他動的反動力が、リラックスした手の部分的屈曲位のおもな原因となります。

おもな指の伸筋は指伸筋と内在筋、とくに虫様筋と骨間筋となります。

一般に、指伸展中の骨間筋より、虫様筋のほうが筋電学的活動において高いレベルにあります。

指の内在筋は、IP関節の伸展の仕組みに直接的効果と間接的効果をもたらします。

直接的効果は、伸展機構を介して近位へ引くことで、間接的効果はMP関節における屈曲トルクの産生です。

屈曲トルクは、MP関節の過伸展により、指伸筋の収縮力の多くが早々に分散されることを妨げます。

MP関節の過伸展が抑止されてはじめて、指伸筋はIP関節を完全伸展する伸展機構を介して、IP関節伸展を効果的に行うことが可能となります。

指伸筋と指の内在筋は、指の伸展のため相乗して協働し、指伸筋と内在筋は指完全伸展を行うために協調する必要があります。

逆説的に、MP関節を通る指伸筋と内在筋の反対作用が、IP関節における協働的伸展を可能にします。

この協調関係は、尺骨神経損傷の患者において特に観察されます。

内側2本の内在筋による自動的抵抗がなければ、指伸筋の活動は特徴的な鉤爪手変形を生じ、MP関節は過伸展、IP関節は部分的に屈曲します。

内在筋の活動が低下しているため、これはよく内在筋マイナス肢位とよばれます。

内在筋によるMP関節の屈曲トルクなしでは、指伸筋はMP関節の過伸展を行えるだけとなります。

この肢位は深指屈筋を伸長し、よってさらにIP関節の伸展を困難とさせます。

この肢位に対して、徒手的にMP関節に屈曲トルクを与えると、指伸筋の収縮によりIP関節は完全に伸展できます。

MP関節を過伸展しないようにブロックすると、深指屈筋を弛緩させ、IP関節の伸展に対する筋の他動的抵抗を最小にします。

MP関節過伸展のブロックは、指内在筋麻痺後の治療介入形態の1つとなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-2

    筋トレをすると太りにくくなる

    仕事や運動で活発に動いているならともかく、家でゴロゴロしていてもお腹がすきます。特に運動して…
  2. 2014-12-20

    上肢の進化

    手の原器は魚類の胸鰭(むなびれ)であると考えられてきました。約2億5千万年前より生息すると考えら…
  3. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  4. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る