手の開き(指の伸展)と筋の協調

手の開きは、つかみの準備のために行われます。

MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵抗は重力ではなく、外在屈筋の伸展による粘弾性抵抗によるものと言われています。

この筋内で発生する他動的反動力が、リラックスした手の部分的屈曲位のおもな原因となります。

おもな指の伸筋は指伸筋と内在筋、とくに虫様筋と骨間筋となります。

一般に、指伸展中の骨間筋より、虫様筋のほうが筋電学的活動において高いレベルにあります。

指の内在筋は、IP関節の伸展の仕組みに直接的効果と間接的効果をもたらします。

直接的効果は、伸展機構を介して近位へ引くことで、間接的効果はMP関節における屈曲トルクの産生です。

屈曲トルクは、MP関節の過伸展により、指伸筋の収縮力の多くが早々に分散されることを妨げます。

MP関節の過伸展が抑止されてはじめて、指伸筋はIP関節を完全伸展する伸展機構を介して、IP関節伸展を効果的に行うことが可能となります。

指伸筋と指の内在筋は、指の伸展のため相乗して協働し、指伸筋と内在筋は指完全伸展を行うために協調する必要があります。

逆説的に、MP関節を通る指伸筋と内在筋の反対作用が、IP関節における協働的伸展を可能にします。

この協調関係は、尺骨神経損傷の患者において特に観察されます。

内側2本の内在筋による自動的抵抗がなければ、指伸筋の活動は特徴的な鉤爪手変形を生じ、MP関節は過伸展、IP関節は部分的に屈曲します。

内在筋の活動が低下しているため、これはよく内在筋マイナス肢位とよばれます。

内在筋によるMP関節の屈曲トルクなしでは、指伸筋はMP関節の過伸展を行えるだけとなります。

この肢位は深指屈筋を伸長し、よってさらにIP関節の伸展を困難とさせます。

この肢位に対して、徒手的にMP関節に屈曲トルクを与えると、指伸筋の収縮によりIP関節は完全に伸展できます。

MP関節を過伸展しないようにブロックすると、深指屈筋を弛緩させ、IP関節の伸展に対する筋の他動的抵抗を最小にします。

MP関節過伸展のブロックは、指内在筋麻痺後の治療介入形態の1つとなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  2. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  3. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  4. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  5. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
ページ上部へ戻る