手の外在筋と内在筋の相互作用への理解

手の内在筋である虫様筋と骨間筋の同時収縮はMP関節の屈曲とIP関節の伸展を生じます。

これは、内在筋プラス肢位とよばれます。

それに対して、外在筋である指伸筋、浅指屈筋、深指屈筋の同時収縮は、MP関節の過伸展とIP関節の屈曲を生じ、外在筋プラス肢位とよばれます。

手の非常に重要な運動学的原則として、機能的で複雑な指の動作には、この2つの正反対の運動双方の相互作用を必要とします。

手の外在筋と内在筋の相互作用は、無限の機能を行うため多くの組み合わせを作り出すことができます。

しかし、手の開きと閉じというという基本的動作でさえ、それを実行するための正確な筋の相互作用は、解剖学、生体力学、筋電図およびコンピュータでシミュレートされたモデルに基づく何年もの調査研究にも関わらず、完全には理解されていません。

筋の相互作用を理解することにおける障壁の1つは、人により異なった組み合わせで同様の運動を実行できることにあります。

正確な筋の相互作用は、活動のスピードやパワー、実行者の技能、操作する物体の重さや形状、人間本来の多様性に依存します。

神経筋骨格系の破綻の結果として生じる病態力学的障害を注意深く観察することによって、すでに明らかになっている多くのことを知識として身に付けることができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  3. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  4. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  5. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
ページ上部へ戻る