共感覚(synesthesia)とは

共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。

この共感覚は1880年頃から研究が始まり、現在に至るまでに、共感覚を持つ人には4つの特性があることが分かっています。

1.普通の人が起こさないような特定の刺激が共感覚を引き起こす。

2.共感覚は自動的に生じ、共感覚を抑制することが困難である。

3.共感覚は意識的な知覚に似ている。

4.共感覚には時間を超えて一貫性がある。

というものです。

例えば、ある文字に対して特定の色を感じる色字共感覚者の場合、個人の中では文字と色との対応関係が長期にわたり安定していると言われています。

共感覚のない我々にはさっぱりですね。

その他には、共感覚は一方向性であると言われています。

つまり、その文字に色が見えたとしても、その色を見たときには文字は浮かんでこないということです。

しかしこれは確定的ではないようです。

また、2009年には、よく見られるタイプとして5つのタイプが挙げられています。

Number formis
文字や数字が曲がったり、ジグザグした線上に並んで見える

Colored letters
文字に色が見える

Tasted Words
単語を耳で聞いたり、単語を見た時に味(具体的な味覚)を感じる

Colord hearing
音に色を感じる

Personified graphemes
文字や数字に人格や性別を知覚する

このように、共感覚についての研究は多くあり、他にも遺伝性があること、記憶に大いに役立つことが知られています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
  2. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る