第6の栄養素「食物繊維」とは

食物繊維とは、植物の繊維や細胞壁などを構成する多糖類で、ヒトでは消化できないか、消化の困難な物質で、第6の栄養素と言われることもあります。

食物繊維には、セルロース、ペクチン、リグニンなどがありますが、前述のようにどれも植物の細胞壁を補強する材料となります。

食物繊維は水に溶けやすいか、溶けないかで2つに分けられています。

水に溶けやすいものを「水溶性食物繊維」溶けにくいものを「難溶性食物繊維」といいます。

水溶性食物繊維の代表は、ペクチンで、オート麦、豆類、ニンジン、リンゴなどに大量に含まれています。

リンゴが体に良いことは昔から有名で、ドイツの諺に「1日1個のリンゴは医者いらず」とあるほどです。

一方、難溶性食物繊維の代表は、セルロースやリグニンで、玄米、トウモコロシ、もみがらなどに多く入っています。

食物繊維の働きで著名なものに、腸内環境の改善があります。

食物繊維は、大量の水を吸い膨れ上がる特徴があり、食物繊維が豊富な消化物は小腸において、そうでないときの2倍の体積となります。

そうした食物繊維は、腸内の有害な因子を見つけては捕捉し、そして体外に排出されます。

すなわち、食物繊維がない場合に比べて、あるときのほうが、腸内ははるかにきれいになります。

また、食物繊維の効果はそれだけではありません。

食物繊維をたくさん含んだ消化物は、水を吸収して腸管いっぱいに膨れますが、こうした消化物は、腸壁をこすりながら、障壁をソフトに圧迫します。

こうした腸壁のまわりに付着したカスや有害物質などの残り物を、ふくらんだ消化物によって削りとってしまいます。

また、膨らんだ消化物が腸壁を圧迫すると、これが刺激となり、便意を催し、すなわち便秘の予防にもなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  2. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  3. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  4. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る