第6の栄養素「食物繊維」とは

食物繊維とは、植物の繊維や細胞壁などを構成する多糖類で、ヒトでは消化できないか、消化の困難な物質で、第6の栄養素と言われることもあります。

食物繊維には、セルロース、ペクチン、リグニンなどがありますが、前述のようにどれも植物の細胞壁を補強する材料となります。

食物繊維は水に溶けやすいか、溶けないかで2つに分けられています。

水に溶けやすいものを「水溶性食物繊維」溶けにくいものを「難溶性食物繊維」といいます。

水溶性食物繊維の代表は、ペクチンで、オート麦、豆類、ニンジン、リンゴなどに大量に含まれています。

リンゴが体に良いことは昔から有名で、ドイツの諺に「1日1個のリンゴは医者いらず」とあるほどです。

一方、難溶性食物繊維の代表は、セルロースやリグニンで、玄米、トウモコロシ、もみがらなどに多く入っています。

食物繊維の働きで著名なものに、腸内環境の改善があります。

食物繊維は、大量の水を吸い膨れ上がる特徴があり、食物繊維が豊富な消化物は小腸において、そうでないときの2倍の体積となります。

そうした食物繊維は、腸内の有害な因子を見つけては捕捉し、そして体外に排出されます。

すなわち、食物繊維がない場合に比べて、あるときのほうが、腸内ははるかにきれいになります。

また、食物繊維の効果はそれだけではありません。

食物繊維をたくさん含んだ消化物は、水を吸収して腸管いっぱいに膨れますが、こうした消化物は、腸壁をこすりながら、障壁をソフトに圧迫します。

こうした腸壁のまわりに付着したカスや有害物質などの残り物を、ふくらんだ消化物によって削りとってしまいます。

また、膨らんだ消化物が腸壁を圧迫すると、これが刺激となり、便意を催し、すなわち便秘の予防にもなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  4. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  5. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
ページ上部へ戻る