今回は『脊柱』について考えます。

脊柱の役割は、1 脊髄の保護、2 体幹・上肢・頭部の支持、3 体幹の運動です。

24個の椎骨が連結していますが、頚椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個で、骨盤の構成要素である仙椎・尾骨へ連続しています。

骨盤は食卓テーブルの天板のような役割で脊柱を主軸にして体幹部・上肢・頭部を載せています。

椎骨のほぼ中央には椎間関節があって椎体と椎体を連結させています。

椎間関節より腹部側に椎体があって椎体と椎体の間に軟骨円盤が狭まれています。

一般的に「椎間板軟骨」と呼ばれクッションとして働きます。

椎間関節の背部側には骨性の突起があって、これを「棘突起(きょくとっき)」と呼び、頚部~背部~腰部の真ん中あたりで触れる骨です。

棘突起同士は「棘間靭帯(きょくかんじんたい)」で連結されて、体幹を支える重要な要素になっています。

それぞれの椎骨にある穴は連続して管状にみえます。

これを脊柱管といい脳から出発した脊髄が通ります。

脊髄は神経線維の太い束で脳から発信した信号を身体各部位へ伝達する大事なラインなので、骨性のパイプである脊柱管で保護されています。

解剖学では、頚椎部の脊髄を頚髄、胸椎部では胸髄、腰椎部では腰髄といい、腰髄は第2腰椎付近で細い神経線維に分かれて下降します。

一見したところ馬のシッポに似ているので馬尾神経(ばびしんけい)とよばれて区別されます。

脊柱の前方には内臓があり、腰椎前彎によってバランスをとっています。

構成と特徴を知れば、自身の生理的彎曲をより意識できますね!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  3. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  4. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
  5. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
ページ上部へ戻る