今回は『脊柱』について考えます。

脊柱の役割は、1 脊髄の保護、2 体幹・上肢・頭部の支持、3 体幹の運動です。

24個の椎骨が連結していますが、頚椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個で、骨盤の構成要素である仙椎・尾骨へ連続しています。

骨盤は食卓テーブルの天板のような役割で脊柱を主軸にして体幹部・上肢・頭部を載せています。

椎骨のほぼ中央には椎間関節があって椎体と椎体を連結させています。

椎間関節より腹部側に椎体があって椎体と椎体の間に軟骨円盤が狭まれています。

一般的に「椎間板軟骨」と呼ばれクッションとして働きます。

椎間関節の背部側には骨性の突起があって、これを「棘突起(きょくとっき)」と呼び、頚部~背部~腰部の真ん中あたりで触れる骨です。

棘突起同士は「棘間靭帯(きょくかんじんたい)」で連結されて、体幹を支える重要な要素になっています。

それぞれの椎骨にある穴は連続して管状にみえます。

これを脊柱管といい脳から出発した脊髄が通ります。

脊髄は神経線維の太い束で脳から発信した信号を身体各部位へ伝達する大事なラインなので、骨性のパイプである脊柱管で保護されています。

解剖学では、頚椎部の脊髄を頚髄、胸椎部では胸髄、腰椎部では腰髄といい、腰髄は第2腰椎付近で細い神経線維に分かれて下降します。

一見したところ馬のシッポに似ているので馬尾神経(ばびしんけい)とよばれて区別されます。

脊柱の前方には内臓があり、腰椎前彎によってバランスをとっています。

構成と特徴を知れば、自身の生理的彎曲をより意識できますね!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-7

    関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォー…
  2. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  3. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
ページ上部へ戻る