前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。

企図は、特定の行動に関するものであることも一般的な行動に関するものもあり、簡単な暗算である場合も将来設計に関するものである場合もあります。

行動の実行制御の基礎となる精神過程は多岐に渡っており、一見、脳の1つの領域がそのすべてを担うことなど出来ないように思えます。

しかし驚くべきことに、大脳皮質の1つの大きな領域である前頭前野は、こうしたさまざまな形の実行制御に関与しているのです。

前葉前夜に限局した損傷をもつ患者は、通常は知覚能力も運動行動も正常であり、知能検査の成績も正常であるかもしれません。

しかし、彼らは日常生活に必要な活動がうまくできません。

なぜなら彼らは集中力を欠いており、計画を実行することができないからです。

こうした症例を最初に明確に記載したのは医師のJohn Harlowで1868年のことでした。

その患者は、恐らくこうした患者のなかで恐らく最も有名であろうPhineas Gageです。

1848年、鉄道建設現場での爆破の準備のため穴に爆薬を詰めているときに、彼は不注意にも作業から目を離しました。

すると、彼が火薬を充填させるために使っていた鉄の塞ぎ棒が岩に当たり、爆薬が暴発しました。

爆発により、長さ1m、重さ6kgの鉄棒がGageのちょうど左目の下から突き刺さり、左前頭葉を貫通して頭部を通り抜けたのです。

信じられないことですが、その事故後、Gageは牛が引く荷車まで運ばれ、まっすぐな姿勢で座り、近くのホテルまで移動し、そして長い階段を自ら歩いて登り、ホテルの中に入っていったのです。

その後、Harlowにより手当が施されましたが、鉄棒はかなりの部分の頭蓋骨と左前頭葉を破壊しており、大量の出血を引き起こしていました。

頭を通った穴は直径9cm以上であったいいます。

その1ヶ月後ひどい感染症を負ったものの、日常生活が送れるほどに回復しました。

Harlowはその後もGageの記録を取り続け、そしてそれを1868年に鉄棒の頭部貫通からの回復と題して発表しました。

そこには事故以前、「そつがなく、頭の切れる仕事人であり、非常に精力的で、あらゆる計画を忍耐強く遂行する人物」であったGageが、すっかり別人に変わってしまい、「落ち着きがなく、不真面目で、時にすごくワガママに振る舞い、自分の希望と反するような束縛や忠告に我慢できず、時には手に負えないくらい頑固になった」と記されています。

さらに、将来の事業計画をあれこれ考えるものの、決定したそばからそれを破棄して新たな計画に変えてしまうなど、まるっきり別人となってしまいました。

このPhineas Gageのように、前頭前野を障害された者は、計画を実行することが困難になります。

また、性格の変化もあり、前頭前野損傷後の情動的傾向は、典型的には、平坦さ、浅薄さ、無関心を特徴とします。

さらに、文学や音楽鑑賞力の喪失、他人の感情への鈍感さ、自分の行動がもたらす金銭的結果への無関心などの形をとることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  3. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
ページ上部へ戻る