ショックアブソーバーとしての椎間板

脊柱は、体幹と上半身を支持する主要な構造体です。

例えば、直立姿勢では、2つの隣接する腰椎が支えている負荷の約80%が、椎体間関節を通じて伝えられます。

残る20%は、椎間関節や椎弓板などの後方構造体が担います。

椎間板は、体重や筋収縮によって生じる圧縮応力から骨を保護するショックアブソーバーとして特有な構造をもちます。

圧縮応力は、椎体終板を髄核に向かって押します。

髄核の大部分は水で満たされており、ほぼ圧縮性を示さないため、若く健康な髄核は、圧縮応力に対して、放射状に変形し、繊維輪を外側に押し出す方向に変形することで対応します。

髄核の放射方向のこの変形は、膠原線維とエラスチンからなる線維輪が引き伸ばされて生じる張力によって抵抗を受けます。

椎間板全体の圧力が均一に上昇し、隣接する椎体に均一に伝達されます。

この圧縮応力が椎体終板からなくなくと、引き伸ばされていたエラスチンと膠原線維が、もとの負荷前の長さに戻り、あらたな圧縮応力に対応できるようになります。

この機序によって圧縮応力が、複数の構造に分散して伝わるようになり、そのため、ある1つの組織だけに狭い範囲で高い圧力が加わらないようになっています。

また、粘弾性をもっているため、椎間板は、ゆっくり、または軽い圧縮応力よりも、高速あるいは強い圧縮応力に対してより強い抵抗性を示します。

したがって、椎間板は、軽い負荷に対しては柔軟性が高く、強い負荷に対しては、比較的強い剛性を示すようになります。

生体内の研究において腰椎領域の髄核内にかかる圧力は仰臥位で安静にしているときには、比較的低いことが確認されています。

前屈に体幹の筋が強く収縮する必要性が組み合わさった活動では、椎間板にはるかに高い圧力が生じます。

椎間板内の圧力は、驚くほど高いレベルまで上昇し、健常な椎間板でさえ、形状が一過性に変形する場合もあります。

例えば、腰椎の屈曲を長時間続けると、椎間板から水がゆっくり抜けていき、高さが僅かに低下することがあります。

対照的に、腰椎を長時間伸展させると、椎間板内の圧力が低下します。

このことで、水が椎間板内に再吸収され、それによって本来のレベルにまで再び膨らみます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  3. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  4. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  5. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
ページ上部へ戻る