脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

ビタミンはこれまでに13種類見つかっています。

それらは油に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶けやすい水溶性ビタミンに分けることができます。

このことはビタミンを摂るうえで、非常に重要なことになります。

脂溶性ビタミンには、A、D、E、Kの4つがあります。

この4つのビタミンは、生体の脂肪層ととても相性が良いために、皮下組織の脂肪層に集まり蓄積します。

そのうえ、一度、脂溶性ビタミンが蓄積したら、水に溶けないため、尿とともに排泄されることもありません。

つまり、脂溶性ビタミンを過剰に撮った場合、からだの脂肪層にしっかりと蓄積されるということになります。

これは、言わば脂溶性ビタミンの貯金のようなものです。

この蓄えの中から、脂溶性ビタミンが少しずつ消費されていくのです。

この性質は、生体にとっては都合のよいものである反面、都合の悪いこともあります。

都合がよい点は、生体に蓄積されるわけですから、毎日注意して食事から摂らなくてもいいということです。

一方、都合の悪い点は、もし摂り過ぎると、たまにではありますが、頭痛や吐き気といった症状が現れることがあります。

とりわけ、ビタミンのサプリメントからAやDを補給するときには、つい摂り過ぎることがあるため注意しなければなりません。

しかし、普通の食事をしている限り、それほど大量のビタミンを摂れるものでもありません。

また、脂溶性ビタミンを摂るときには、脂質と一緒に摂らなければいけないことには注意しなければなりません。

例えば、ビタミンAが豊富なニンジンを生で食べても体を素通りしてしまうため、油と一緒に食べたほうがいいのです。

つまりは、マヨネーズやドレッシングということです。

この脂溶性ビタミンとは対照的に、油に溶けにくく、水に溶けやすい水溶性ビタミンは9種類あります。

B1、B2、ナイアシン、B6、B12、ビオチン、パントテン酸、葉酸、Cの9つです。

水溶性ビタミンは、過剰に摂っても、体内に蓄積されることはなく、尿と一緒に速やかに排泄されてしまいます。

つまり、水溶性ビタミンは、食いだめが効きません。

そのため、毎日適切な量を摂らなければならないのです。

また、水溶性ビタミンは、デリケートな物質で、熱、光、空気、湿気によっても壊れてしまいます。

調理によってどれくらいのビタミンが分解されるのかは、ビタミンの種類、食物の種類、切った食物の大きさ、加熱の方法、加熱時間によって変わります。

調理によって最も損失するビタミンはB1(26%)で、次いで葉酸(20%)、ナイアシン(18%)、パントテン酸(17%)、C(16%)の順になります。

同じ水溶性ビタミンでもB2とB6の損失はわずか3%にすぎません。

一方、脂溶性ビタミンはAとEが11%と損失しやすく、DとKはほどんど損失しないことがわかっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  2. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  3. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  4. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  5. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
ページ上部へ戻る