筋活動の逆転

3度の運動自由度をもつ関節の筋は、関節の肢位によって働きが異なります。

これらの筋が通常もつ働きとは異なったり、逆の作用になることさえあります。

もっとも典型的な例は、内転筋群の屈曲要素の逆転です。

直立位からスタートするとき、すべての内転筋は、大内転筋の後部線維およびとくに20°伸展まで伸展の作用が持続する下方線維を除いて屈曲に働きます。

しかし、この屈曲作用は大腿骨が各筋の起始の位置より下方にある場合に限られます。

そのため、長内転筋は大腿骨が+50°の位置では依然として屈曲に働きますが、それが70°では伸展に働くようになります。

短内転筋も同様に大腿骨が+50°までは屈曲に働き、その後は伸展に働きます。

薄筋の場合、屈曲に働く限度は大腿骨が+40°の位置になります。

また、+120°では大腿筋膜張筋がもっとも短縮しますが、大腰筋は、その腱が腸恥隆起から外れる傾向になるため、有効な収縮はしません。

大腿方形筋もまた、筋作用の逆転を明らかに示します。

大腿方形筋は、股関節屈曲では伸筋になるのに対し伸展位では屈筋となります。

この作用が転換する肢位は直立位となります。

筋の効率は、股関節の肢位により大きく影響を受けます。

股関節があらかじめ屈曲しているときには、股関節伸筋はすでに緊張しています。

120°屈曲位では、大殿筋は他動的に引き伸ばされます。

このとき、ハムストリングスでは、膝を伸展したままで股関節をまっすぐしたときの長さの約50%引き伸ばされます。

さらにハムストリングスは、直立位から20°の伸展において、長さの変化が比較的小さいことが知られています。

これにより、ハムストリングスは股関節の半屈曲位でもっともよく働くという考えが確定的なものになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  2. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  5. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
ページ上部へ戻る