筋活動の逆転

3度の運動自由度をもつ関節の筋は、関節の肢位によって働きが異なります。

これらの筋が通常もつ働きとは異なったり、逆の作用になることさえあります。

もっとも典型的な例は、内転筋群の屈曲要素の逆転です。

直立位からスタートするとき、すべての内転筋は、大内転筋の後部線維およびとくに20°伸展まで伸展の作用が持続する下方線維を除いて屈曲に働きます。

しかし、この屈曲作用は大腿骨が各筋の起始の位置より下方にある場合に限られます。

そのため、長内転筋は大腿骨が+50°の位置では依然として屈曲に働きますが、それが70°では伸展に働くようになります。

短内転筋も同様に大腿骨が+50°までは屈曲に働き、その後は伸展に働きます。

薄筋の場合、屈曲に働く限度は大腿骨が+40°の位置になります。

また、+120°では大腿筋膜張筋がもっとも短縮しますが、大腰筋は、その腱が腸恥隆起から外れる傾向になるため、有効な収縮はしません。

大腿方形筋もまた、筋作用の逆転を明らかに示します。

大腿方形筋は、股関節屈曲では伸筋になるのに対し伸展位では屈筋となります。

この作用が転換する肢位は直立位となります。

筋の効率は、股関節の肢位により大きく影響を受けます。

股関節があらかじめ屈曲しているときには、股関節伸筋はすでに緊張しています。

120°屈曲位では、大殿筋は他動的に引き伸ばされます。

このとき、ハムストリングスでは、膝を伸展したままで股関節をまっすぐしたときの長さの約50%引き伸ばされます。

さらにハムストリングスは、直立位から20°の伸展において、長さの変化が比較的小さいことが知られています。

これにより、ハムストリングスは股関節の半屈曲位でもっともよく働くという考えが確定的なものになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
  2. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  5. 2016-12-1

    スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるから…
ページ上部へ戻る