本日は『体幹部の安定性』について考えてみましょう。

体幹部を安定させるためには、3つの要素が関与します。

①中枢神経による制御システム
②骨や関節、靭帯による受動システム
③筋肉による能動システム

これらの3つが相互に関連していて、どれか1つが機能異常を起こしただけで、体幹部の安定性が低下します。

中枢神経による制御システムに関しては脳が主な働きをするため、この要素に関しては直接アプローチすることはできません。
骨、関節は他動組織であり自ら動く能力は持っていませんが、身体を支持するために不可欠です。

骨は身体を支え、靭帯は脊柱の運動方向性と安定性のコントロールに関与します。
体幹部の運動における屋台骨は脊柱ですが、脊柱は椎骨が積み木のように積み重なる構造をしているため、立位において縦方向への安定性が高く、前後左右には不安定です。その不安定性を靭帯がカバーしています。
骨盤は寛骨が仙骨を挟み込むような構造をしているため、縦方向に不安定になりやすくなります。仙骨が寛骨に対して前傾することにより仙腸関節が閉鎖位となり安定化が図れます。

この③筋肉による能動システムへのアプローチがとても重要となります。
このシステムを教育・改善していくことで、主に骨や靭帯、そして特に関節による受動システムを改善し安定させることが可能です。


骨、靭帯、関節による受動システムを改善することにより、中枢神経による制御をも改善し、そのフィードバックが筋肉による能動システムの効率化をさらに進めていくことになります

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  2. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る