4つの侵害受容器の役割

関節や筋肉といった皮下の組織や皮膚を含む末梢組織の多くは、侵害性の傷害によって活性化する特殊な感覚受容器をもっています。

軽い接触や圧力といった特殊な体性感覚の受容器とは異なり、これらの侵害受容器の多くは一次感覚ニューロンの自由神経終末です。

侵害受容器には温度侵害受容器、機械侵害受容器、ポリモーダル侵害受容器という3つの主要な受容器と、サイレント侵害受容器と呼ばれる詳細がまだわかっていない受容器の4種類があります。

温度侵害受容器は、典型的には45℃以上あるいは5℃以下の極端な温度刺激によって活性化します。

温度侵害受容器は細く薄い髄鞘をもったAδ神経軸索の末端であり、毎秒5〜30mの速さで活動電位を伝えます。

機械侵害受容器は、典型的には皮膚に加えられた強い圧力によって活性化し、やはり薄い髄鞘をもったAδ神経軸索の末端となります。

ポリモーダル受容器は、強い機械刺激、化学物質刺激あるいは温度刺激により活性化を受けます。

この侵害受容器は、毎秒1.0m以下の遅い伝達速度をもった無髄のC神経軸索の終末で認められます。

これら3種類の侵害受容器は皮膚、深部組織に広く分布しており、しばしば同時に活性化されます。

金槌で親指を叩くと、まず鋭い痛みを感じ、その後に、より持続性あるうずくのような、そしてときに灼熱痛と形容される痛みが続きます。

最初の鋭い痛みは、侵害刺激を受けた温度侵害受容器および機械侵害受容器からAδ線維によって伝達されます。

遅く鈍い痛みは、ポリモーダル侵害受容器からC線維によって伝えられます。

サイレント侵害受容器は、主に内臓で認められます。

この受容器は通常状態では、侵害刺激で活性化されませんが、炎症やさまざまな化学物質によって発火の閾値が劇的に低下すると活性化します。

その活性化は、二次痛覚過敏と中枢性感作という2つの顕著な疼痛症候群の発症に関与していると考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  2. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
  3. 2017-4-6

    有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一…
  4. 2015-1-28

    食べてエネルギーを消費する。

    人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。消費エネルギーを増やすために運動をす…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る