睡眠欲求の2つのプロセス

睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がかりである告時因子による決定されます。

主な告時因子は毎日の日の出です。

眠気、すなわち睡眠欲求には、いくつかの要因が関与します。

最も大きな要因は2つあり、十分な睡眠からの経過時間と概日周期です。

したがって、睡眠欲求は2つのプロセスで決まると考えられます。

すなわち、睡眠の欠如により徐々に蓄積し、睡眠により消失する睡眠負債と覚醒度の概日周期性です。

この2つのプロセスの差が睡眠欲求となります。

夜間のうちに十分に睡眠をとった後は睡眠負債は少なく、朝、睡眠負債と同様に覚醒度は徐々に増加します。

睡眠負債と覚醒度が一緒に増加するため、この2つのプロセスの差である睡眠欲求は小さく、弱いですが、夕方にかけ睡眠負債は持続的に増加し、覚醒度の概日周期は減少し始めます。

結果として、睡眠欲求はどんどん大きくなります。

その後、夜間の十分な睡眠により、睡眠負債はなくなり、この過程が再び繰り返されます。

徹夜をすると、午前3〜4時頃には、覚醒していることが非常に困難になります。

これは睡眠負債が多くなり、増加し続ける一方で、覚醒度の概日周期が低下するためです。

したがって、睡眠欲求は高くなります。

一度睡眠はとると、そのバランスは再び回復し、蓄積した睡眠負債は取り除かれます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  2. 2017-2-18

    体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

    基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニング…
  3. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  4. 2017-2-15

    最大筋力を高めるために

    パフォーマンスをあげるために大きく影響する最大筋力ですが、この最大筋力は「筋の断面積」「運動単位の動…
  5. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
ページ上部へ戻る