睡眠欲求の2つのプロセス

睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がかりである告時因子による決定されます。

主な告時因子は毎日の日の出です。

眠気、すなわち睡眠欲求には、いくつかの要因が関与します。

最も大きな要因は2つあり、十分な睡眠からの経過時間と概日周期です。

したがって、睡眠欲求は2つのプロセスで決まると考えられます。

すなわち、睡眠の欠如により徐々に蓄積し、睡眠により消失する睡眠負債と覚醒度の概日周期性です。

この2つのプロセスの差が睡眠欲求となります。

夜間のうちに十分に睡眠をとった後は睡眠負債は少なく、朝、睡眠負債と同様に覚醒度は徐々に増加します。

睡眠負債と覚醒度が一緒に増加するため、この2つのプロセスの差である睡眠欲求は小さく、弱いですが、夕方にかけ睡眠負債は持続的に増加し、覚醒度の概日周期は減少し始めます。

結果として、睡眠欲求はどんどん大きくなります。

その後、夜間の十分な睡眠により、睡眠負債はなくなり、この過程が再び繰り返されます。

徹夜をすると、午前3〜4時頃には、覚醒していることが非常に困難になります。

これは睡眠負債が多くなり、増加し続ける一方で、覚醒度の概日周期が低下するためです。

したがって、睡眠欲求は高くなります。

一度睡眠はとると、そのバランスは再び回復し、蓄積した睡眠負債は取り除かれます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  2. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  3. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  4. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る