補足運動野、前補足運動野の障害

補足運動野、前補足運動野、およびそれらと連絡する前頭前野における障害により、運動の開始と解放に困難が生じます。

運動の開始において、自発的な腕の運動の喪失として顕在化します。

その場合、患者は適切に促されれば動かせます。

この障害は、障害半球の反対側の身体にも身体にも関連する可能性があり、また発話にも影響する可能性があります。

これとは対照的に、解放障害の症状は、抑制すべき場面での抑制が困難というような広い範囲の行動を含みます。

これらは手に触れた刺激の衝動的な把握運動、視覚的に表示された物体を目標とする抑えきれない到達・探索運動、意図の意識的な自覚がないまま近くの物体や人をつかもうとする腕や手の衝動的な運動がなどがあります。

特に興味深いのは、利用行動と呼ばれる症候群です。

この患者は、衝動的に物体を把握し、必要性や社会的状況を考慮せず物体を利用します。

例として、メガネを複数かけたり、空腹ではない、あるいは明らかにそれが他人の食べ物であっても食物に手を伸ばしたり、それを食べたりしてしまうことです。

行動の開始や抑制におけるこれらの障害は、補足運動野と、特に前補足運動野の随意行動の条件的刺激における同一の機能的役割、つまり、適切な随意行動の選択と遂行における役割の正反対の側面を表しているのかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  2. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  3. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  4. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  5. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
ページ上部へ戻る