補足運動野、前補足運動野の障害

補足運動野、前補足運動野、およびそれらと連絡する前頭前野における障害により、運動の開始と解放に困難が生じます。

運動の開始において、自発的な腕の運動の喪失として顕在化します。

その場合、患者は適切に促されれば動かせます。

この障害は、障害半球の反対側の身体にも身体にも関連する可能性があり、また発話にも影響する可能性があります。

これとは対照的に、解放障害の症状は、抑制すべき場面での抑制が困難というような広い範囲の行動を含みます。

これらは手に触れた刺激の衝動的な把握運動、視覚的に表示された物体を目標とする抑えきれない到達・探索運動、意図の意識的な自覚がないまま近くの物体や人をつかもうとする腕や手の衝動的な運動がなどがあります。

特に興味深いのは、利用行動と呼ばれる症候群です。

この患者は、衝動的に物体を把握し、必要性や社会的状況を考慮せず物体を利用します。

例として、メガネを複数かけたり、空腹ではない、あるいは明らかにそれが他人の食べ物であっても食物に手を伸ばしたり、それを食べたりしてしまうことです。

行動の開始や抑制におけるこれらの障害は、補足運動野と、特に前補足運動野の随意行動の条件的刺激における同一の機能的役割、つまり、適切な随意行動の選択と遂行における役割の正反対の側面を表しているのかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
ページ上部へ戻る