Ia抑制性介在ニューロンと共収縮

相反性神経支配は、伸張反射だけでなく随意運動にも役立ちます。

例えば、運動中に拮抗筋を弛緩させると、主動筋がその反対の運動をする筋の収縮に対抗する必要がなくなり、その結果、運動の速度と効率が高まることが知られています。

伸張反射に関与するIa抑制性介在ニューロンは、随意運動中の筋収縮の協調にも用いられます。

運動野から下行するニューロンの一部は、脊髄運動ニューロンと直接興奮性結合しており、その軸索側枝がIa抑制性介在ニューロンに入力しています。

運動を制御する上位中枢が興奮と抑制という別々の指令を主動筋と拮抗筋に送る必要がないという意味でこの神経回路は随意運動の制御の単純化に貢献しているといえます。

一方で、主動筋と拮抗筋が同時に収縮することが重要な局面もあります。

このような共収縮には関節を硬くする効果があり、正確性と関節の安定性が重要な運動の制御に大きく貢献します。

一例として、ボールをキャッチする直前に肘の屈筋が伸筋が共収縮する現象が挙げられます。

Ia抑制性介在ニューロンは、おもな下行路のすべてから興奮性入力と抑制性入力の両方を受けています。

脊髄より上位の運動中枢は、これらの介在ニューロンへの興奮性入力と抑制性入力のバランスを変化させて筋の相反抑制を減らし、共収縮を可能にすることにより、目的とする運動に必要な関節の硬さの相対量を制御しています。

脊髄運動ニューロンの活動は、もう1つの重要な抑制性介在ニューロンであるレンショウ細胞によっても調節されています。

運動ニューロンの軸索側枝によって興奮するレンショウ細胞は、この細胞を興奮させるいくつかの運動ニューロン集団に対して抑制性シナプス結合をつくります。

運動ニューロンとの結合はネガティブフィードバックシステムを形成して運動ニューロンの発火頻度の安定化に役立つと考えられています。

一方で、Ia抑制性介在ニューロンとの結合は拮抗筋の運動ニューロンの抑制強度を調整すると考えられています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  3. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  4. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
  5. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
ページ上部へ戻る