食べ過ぎないように食事を摂るためのポイント

最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。
秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎていないですか?
今日は、食べ過ぎないように食事を摂るためのポイントを書きたいと思います。

食欲を満たす行動には2つあり、【エネルギーとしての充足】と【報酬(精神的な充足)としての満足】があります。これらを得るには、正常な食欲を実感して「食べる」という行為そのものを大切にすること、そして「おいしい」と実感しながら食事をすることが非常に重要なのです。
報酬としての食が満たされないと、それをエネルギー(カロリー)で満たそうとして、カロリーオーバーになります。当然ながら「早食い」や「ながら食い」はよくありません。
食べる喜びやおいしさを十分にかみしめながら、カロリー摂取による満腹感を実感することにより、満腹中枢(カロリー)と側坐核(報酬)が十分に満たし、必要以上のカロリーをとらずに満足することができます。

ゆっくり食べることは、血糖値の上昇を脳が感知することができて、食欲を仰制して食べ過ぎを防ぐことができます。

良く噛んで食べることも大切です。食べものを咀嚼しているという感覚は歯根膜やあごの筋肉から三叉神経を経て脳幹に伝えられ、ヒスタミンという脳内物質をつくるニューロンの働きを助ける事が知られています。これによって食欲が仰制され、満腹感を得る助けになります。

自律神経のバランスも重要です。日中は活動的に動くために交感神経優位になってます。そのため基礎代謝も高く、食べても比較的太りにくい。しかし夜8時頃を過ぎると、副交感神経優位になってくるためインスリン分泌が起こりやすく、基礎代謝も低くなるために太りやすくなる。できればそれ以前に満足のいく食事を摂ることがベストでしょう。

水分を十分に摂ること。水分を摂ることにより胃が伸展すると、食欲を高めるグレリンの分泌が減るので食欲を仰制することができます。水分を控えると、血液が濃縮されて血栓症になりやすくなるなど身体に悪いことも多いのです。

食べ過ぎにならないように食事を摂るためのポイントをいくつか書きましたが、よく子供の頃に、親に言われていた方も多いのではないでしょうか?
単純に「食事ができる」ということに『喜び』を感じ『感謝』をして食事をすることが大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 12月 26日

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  3. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  4. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  5. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
ページ上部へ戻る