内反股の生体力学的帰結

ヒトの平均的な大腿骨頸体角はおよそ125°と言われています。

他にも、126°、128°、130°であるとも言われているため、その中を推移しているものだと思われます。

内反股はこの頸体角が90°を下回った、外反股は150°を上回った状態のことを指します。

こういった大腿骨の頸体角の変化は関節に対して正または負の生体力学的影響を及ぼします。

内反は得てして股関節外転筋のモーメントアームを増加させます。

内反によって生まれる大きなてこ効果が股関節外転筋の力の単位あたりに産生する外転トルクを増加させます。

この状況は、外転筋力の低下している人にとっては有益となります。

また、外転筋のてこ作用の増加は、歩行立脚時に求められる外転筋トルクを少なくします。

歩行中の股関節外転筋力の要求減少は歩行時の過度な摩耗から関節や不安定な人工関節を保護します。

内反骨切り術では、骨頭と寛骨臼の位置関係を改善し、関節の安定性を獲得します。

しかし、内反股では大腿骨頸部における曲げモーメントの増加がみられます。

曲げモーメントアームは頸体角が90°に近づくほど増加します。

この曲げモーメントの増加は大腿骨頸部上面の張力を増大させます。

この状況は、大腿骨頚部骨折や人工関節の構造的破壊の原因となることがあります。

また、著明な内反股は骨頭と隣接骨幹端の間の垂直方向の剪断力を増加させます。

これは小児の大腿骨頭すべり症として知られる状態を招くことがあります。

さらに内反股は股関節外転筋の機能的な長さを短くするため、外転筋の筋力の産生能を低下させ、中殿筋跛行の可能性を増加させます。

この筋力の低下は増大した外転モーメントアームによって得た高い外転トルク効果を相殺することがあります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  2. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  3. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  4. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  5. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
ページ上部へ戻る