内反股の生体力学的帰結

ヒトの平均的な大腿骨頸体角はおよそ125°と言われています。

他にも、126°、128°、130°であるとも言われているため、その中を推移しているものだと思われます。

内反股はこの頸体角が90°を下回った、外反股は150°を上回った状態のことを指します。

こういった大腿骨の頸体角の変化は関節に対して正または負の生体力学的影響を及ぼします。

内反は得てして股関節外転筋のモーメントアームを増加させます。

内反によって生まれる大きなてこ効果が股関節外転筋の力の単位あたりに産生する外転トルクを増加させます。

この状況は、外転筋力の低下している人にとっては有益となります。

また、外転筋のてこ作用の増加は、歩行立脚時に求められる外転筋トルクを少なくします。

歩行中の股関節外転筋力の要求減少は歩行時の過度な摩耗から関節や不安定な人工関節を保護します。

内反骨切り術では、骨頭と寛骨臼の位置関係を改善し、関節の安定性を獲得します。

しかし、内反股では大腿骨頸部における曲げモーメントの増加がみられます。

曲げモーメントアームは頸体角が90°に近づくほど増加します。

この曲げモーメントの増加は大腿骨頸部上面の張力を増大させます。

この状況は、大腿骨頚部骨折や人工関節の構造的破壊の原因となることがあります。

また、著明な内反股は骨頭と隣接骨幹端の間の垂直方向の剪断力を増加させます。

これは小児の大腿骨頭すべり症として知られる状態を招くことがあります。

さらに内反股は股関節外転筋の機能的な長さを短くするため、外転筋の筋力の産生能を低下させ、中殿筋跛行の可能性を増加させます。

この筋力の低下は増大した外転モーメントアームによって得た高い外転トルク効果を相殺することがあります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  2. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  3. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  4. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る