内反股の生体力学的帰結

ヒトの平均的な大腿骨頸体角はおよそ125°と言われています。

他にも、126°、128°、130°であるとも言われているため、その中を推移しているものだと思われます。

内反股はこの頸体角が90°を下回った、外反股は150°を上回った状態のことを指します。

こういった大腿骨の頸体角の変化は関節に対して正または負の生体力学的影響を及ぼします。

内反は得てして股関節外転筋のモーメントアームを増加させます。

内反によって生まれる大きなてこ効果が股関節外転筋の力の単位あたりに産生する外転トルクを増加させます。

この状況は、外転筋力の低下している人にとっては有益となります。

また、外転筋のてこ作用の増加は、歩行立脚時に求められる外転筋トルクを少なくします。

歩行中の股関節外転筋力の要求減少は歩行時の過度な摩耗から関節や不安定な人工関節を保護します。

内反骨切り術では、骨頭と寛骨臼の位置関係を改善し、関節の安定性を獲得します。

しかし、内反股では大腿骨頸部における曲げモーメントの増加がみられます。

曲げモーメントアームは頸体角が90°に近づくほど増加します。

この曲げモーメントの増加は大腿骨頸部上面の張力を増大させます。

この状況は、大腿骨頚部骨折や人工関節の構造的破壊の原因となることがあります。

また、著明な内反股は骨頭と隣接骨幹端の間の垂直方向の剪断力を増加させます。

これは小児の大腿骨頭すべり症として知られる状態を招くことがあります。

さらに内反股は股関節外転筋の機能的な長さを短くするため、外転筋の筋力の産生能を低下させ、中殿筋跛行の可能性を増加させます。

この筋力の低下は増大した外転モーメントアームによって得た高い外転トルク効果を相殺することがあります。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  2. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  3. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  4. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  5. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
ページ上部へ戻る