運動ニューロンの入出力と脳幹からの入力

運動ニューロンの発火頻度は、脊髄の運動ニューロンへの興奮性入力により発生した脱分極の大きさと、脊髄の運動ニューロンへの興奮性入力により発生した脱分極の大きさと、脊髄の運動ニューロンの膜固有の性質に依存します。

これらの性質は、脳幹のモノアミン作動性ニューロンからの入力により、大きく修飾されます。

この入力がないときには、シナプス電位は運動ニューロンの樹状突起から細胞体に受動的に伝えられ、結果として入力が止まるとすぐに終わるような、小さい脱分極が引き起こされます。

このような状態では、入力電位と発火頻度は、広い範囲で線形の関係を示します。

しかし、モノアミンであるセロトニンやノルアドレナリンが運動ニューロンの樹状突起のL型Ca2+チャネルを活性化させると、この入出力関係は非線形になります。

結果として起こる内向き電流は、シナプス電位を5〜10倍増強させます。

活動する運動ニューロンでは、短い脱分極性の入力でも、この増強した電位により、発火頻度の増加が持続することが知られています。

これは自己持続的活動とよばれます。

続いて低頻度で短い抑制入力を与えると、発火頻度はもとの値に戻ります。

運動ニューロンの性質はモノアミンに強く影響を受けるため、1つの筋を支配する運動ニューロンプールの興奮性は脳幹に制御されています。

遅収縮性の運動単位における運動ニューロンの中程度のモノアミン性の入力は、自己持続的活動を促進させる持続的張力のもとになっています。

睡眠時はモノアミン性の入力がなくなるため、興奮性は低下します。

これは脱力した状態を確保するのに役立ちます。

脳幹からのモノアミン性の入力により、異なる運動課題の要求にあうような、運動単位プールのゲイン調整が可能になります。

持続性内向き電位の閾値は、遅筋の運動単位における運動ニューロンで最も低く、この運動ニューロンはモノアミン性の入力がなくとも最初に動員されます。

したがってこの柔軟性は、運動ニューロン動員の順序に関するサイズの原理を翻すものではありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  3. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  4. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  5. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
ページ上部へ戻る