ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。

ヒトの足のアートは、踵骨と第1中足骨からなる内側アーチ、踵骨と第5中足骨からなる外側アーチ、第1中足骨と第5中足骨からなる前側アーチ(横アーチ)の3つで構成されています。

この3つのアーチからなる足底弓蓋のことを一般的に「土踏まず」と呼んでいます。

足のアーチ構造1

土踏まずの役割は、衝撃の吸収、足部の保護、放熱、あおり歩行の効率を高める、の4つがあります。

中でも特に重要なのが衝撃を吸収するバネの役割で、足底の柔軟性が歩行の効率を高め、推進力を与えてくれます。

また、平坦ではない道ではアーチが必要に応じて地面を掴み、斜面に応じて接地面が広くなるので安定性も得ることができます。

内側アーチでは長腓骨筋、長母趾屈筋、母趾外転筋などが、外側アーチでは短腓骨筋、長腓骨、小趾外転筋などが、前側アーチでは母趾内転筋がそれぞれのアーチの形成に関与しています。

土踏まずが未形成である扁平足の場合は、バネの働きがないので地面からの衝撃を十分に緩和することができず疲労がたまりやすくなり、中足骨の広がる開張足、さらには外反母趾になりやすくなります。

土踏まずの大きさによる重心の違いをみた研究によると、土踏まずが未形成であるほど重心点は踵寄りになるとされています。

二足直立姿勢で立っている際、重心は常に動揺しています。

土踏まずがしっかり形成されていると重心が前にくるので安定しますが、アーチがないと重心が後ろにくるため動揺が大きくなります。

土踏まずの形成はバランス能力にも大きな影響を与えいるといえます。

aoriashi

ヒトの歩行は、重心点が移動するあおり歩行であり、アーチが形成されることでこの歩行が可能となりますが、扁平足ではベタ足歩行になってしまいます。

歩行の際の足の使い方を動物別にみてみると、ウシやウマのように蹄の先だけでカラダを支える蹄行、イヌやネコのように足趾の部分で支える趾行、クマやサルのように足裏全体接地する足底行などがあります。

解剖学的にみると、どの動物も筋肉や骨、神経などの構成要素はあまり変わりませんが、足の使い方によって、それぞれの動物のカラダの動きが形づくられているといえます。

ヒトも大きく分類すると足底行となりますが、土踏まずを活かしたあおり歩行がヒト独持の動きにつながっているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  2. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  3. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  4. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る