横突棘筋の解剖

横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。

半棘筋は、これらのなかで最も長くより浅層に、多裂筋は中間に、回旋筋は短くより深層に位置しています。

半棘筋は、胸半棘筋、頸半棘筋、頭半棘筋からなります。

一般的に、各筋または各筋内の主要な筋線維束は6から8椎間連結を越えて走行します。

胸半棘筋は、長い腱によって相互連結した多くの薄い筋束からなり、筋線維はTh6-Th10横突起からC6-Th4棘突起に付着します。

頸半棘筋は胸半棘筋よりも太く、より発達しており、上位胸椎横突起からC2-C5棘突起につきます。

軸椎の突出した棘突起につく筋線維はとくによく発達しており、後頭下筋群にとっての重要な安定装置として役立ちます。

頭半棘筋は板状筋と僧帽筋の深層に存在し、筋はおもに上位胸椎棘突起から起こります。

筋は後頭骨の上項線と下項線の間のかなり広い部分に付着するため、上方では太くなります。

頸・頭半棘筋は頸部後面に存在する筋のなかで最も大きな筋であり、その大きさと筋線維がほぼ垂直に走行することから、頭頸部に全体で35〜40%の伸展トルクをもたらします。

左右の頭半棘筋は、上位頸部の正中線の両側で、太く丸いひも状に容易に触知でき、とくに幼児や成人のやせている人でも明瞭です。

多裂筋は、半棘筋のすぐ深層に位置します。

多裂筋はすべて似た繊維方向と長さをもち、仙骨後面と軸椎の間に存在します。

一般に、個々の多裂筋は1つの椎骨の横突起から起こり、2から4分節上位の椎骨の棘突起に停止します。

多裂筋は腰仙椎部で最も太く発達しており、多裂筋の重なりあう筋線維は棘突起と横突起の間の陥凹した空間の大半を満たします。

多裂筋はすぐれた伸展トルクと脊柱の基盤としての安定性をもたらします。

腰部多裂筋の強大な力は随意的収縮か防御的スパズムのどちらかによるもので、臨床的に過剰前弯をもたらします。

回旋筋は、横突棘筋のなかで最も深層に存在しており、多裂筋のように個々の筋線維の大きな集合からなります。

回旋筋は脊柱全体のいたるところに存在しますが、胸椎部で最も発達しています。

それぞれの線維は椎骨の横突起から1〜2椎間連結上位の椎骨椎弓および棘突起基部につきます。

定義上、短回旋筋は1椎間連結をまたぎ、長回旋筋は2椎間連結をまたぎます。

まとめると、横突棘筋は平均的に脊柱起立筋群よりも少ない椎間連結をまたぎます。

一般に、横突棘筋群のこの特徴は、体軸骨格全体を通した比較的繊細に制御された運動や安定化させる力を生じさせるために設計されたものであることが示唆されます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  2. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
  3. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る