筋紡錘とは

筋紡錘は、被膜に包まれた小さな感覚受容器であり、その形状は両端が細くなった紡錘型で、筋の膨大部に位置しています。

筋紡錘の主な機能は、それが位置する筋の長さの変化を知らせることです。

筋長の変化は、その筋がかかわる関節の角度の変化と密接に関連しており、そのため筋紡錘は、中枢神経系が身体の各部位の相対的な位置を知るために利用されています。

個々の筋紡錘は主に3つの要素から構成されています。

すなわち、中央部に非収縮性領域があり特殊な機能を有している錘内筋線維群と、錘内筋線維の中央部の非収縮領域に終止する感覚線維、錘内線維の極部の収縮性領域に終止する運動神経軸索です。

錘内筋が引き伸ばされたとき、感覚神経の末端部も引き伸ばされて、発火頻度が増加します。

筋紡錘は、筋の大部分を構成する錘外筋線維と並列に配列されているため、全筋の長さが変わると錘内筋線維の長さも変化します。

そのため、筋が引き伸ばされると筋紡錘の感覚神経終末の活動が上昇し、反対に筋が短縮すると、筋紡錘への負荷がなくなり、その活動は低下します。

錘内筋線維は細い有髄神経であるγ運動ニューロンに支配され、錘外筋線維は太い有髄神経であるα運動ニューロンに支配されています。

γ運動ニューロンが活性化すると錘内筋線維の極部領域が短縮します。

この短縮により、錘内筋の中央部が両端から引っ張られることになり、感覚神経終末の発火頻度を上昇させたり、筋伸張に対して感覚神経終末の発火しやすくなったりします。

このように、γ運動ニューロンは筋紡錘の感度を調節しています。

錘内筋線維の収縮は、筋収縮力の増加に対しては大きな貢献はしていません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  4. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
ページ上部へ戻る