筋紡錘とは

筋紡錘は、被膜に包まれた小さな感覚受容器であり、その形状は両端が細くなった紡錘型で、筋の膨大部に位置しています。

筋紡錘の主な機能は、それが位置する筋の長さの変化を知らせることです。

筋長の変化は、その筋がかかわる関節の角度の変化と密接に関連しており、そのため筋紡錘は、中枢神経系が身体の各部位の相対的な位置を知るために利用されています。

個々の筋紡錘は主に3つの要素から構成されています。

すなわち、中央部に非収縮性領域があり特殊な機能を有している錘内筋線維群と、錘内筋線維の中央部の非収縮領域に終止する感覚線維、錘内線維の極部の収縮性領域に終止する運動神経軸索です。

錘内筋が引き伸ばされたとき、感覚神経の末端部も引き伸ばされて、発火頻度が増加します。

筋紡錘は、筋の大部分を構成する錘外筋線維と並列に配列されているため、全筋の長さが変わると錘内筋線維の長さも変化します。

そのため、筋が引き伸ばされると筋紡錘の感覚神経終末の活動が上昇し、反対に筋が短縮すると、筋紡錘への負荷がなくなり、その活動は低下します。

錘内筋線維は細い有髄神経であるγ運動ニューロンに支配され、錘外筋線維は太い有髄神経であるα運動ニューロンに支配されています。

γ運動ニューロンが活性化すると錘内筋線維の極部領域が短縮します。

この短縮により、錘内筋の中央部が両端から引っ張られることになり、感覚神経終末の発火頻度を上昇させたり、筋伸張に対して感覚神経終末の発火しやすくなったりします。

このように、γ運動ニューロンは筋紡錘の感度を調節しています。

錘内筋線維の収縮は、筋収縮力の増加に対しては大きな貢献はしていません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-1

    腱の生理学的機能

    腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。ま…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
  4. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  5. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
ページ上部へ戻る