別腹ってホントにあるの?

『別腹』って本当にあるのと思ったことありませんか?

甘いものは「別腹」などと言われることがあります。
お腹いっぱいに食べたにもかかわらず、美味しそうなデザートが出てくると、ペロリと平らげてしまう人を見ると「別腹」は本当にあるんだなと思ってしまいますよね。

『別腹』は【広辞苑】に2008年刊行の第六版で初めて登場した比較的新しい言葉のようです。
まさに飽食の時代にふさわしい新語なのかもしれません。

誰でも意味がわかるほどこの言葉が広まったのは、多くの人が実感できる経験を持っているからでしょう。
デザートのみならず、飲み会の後のラーメンなど、もう満腹のはずなのに食べてしまうという現象は、食欲が【エネルギーの充足と不足】だけで制御されているとすると、まったく説明ができないことになります。

いくら美味しいものでも食べ続けていると飽きてくる。
「美味しい」と感じるのは、実は《報酬予測誤差》が関係しているのです。
口に運ぶたびに同じ味だったら、その味は予測可能なものになってしまい、報酬予測誤差がなくなります。
それに加えて血糖値が上がってくれば、満腹感を感じて「もうお腹いっぱい」ということになります。
しかし、ここで味や舌触りや見た目に「変化」が起きたらどうだろう。
飽きていたものとはまったく違うカテゴリーのものがあらわれると、エネルギーが満たされていても、いままでにない「報酬」への期待が生まれます。
このとき食欲が復活するのです。

実際に、目先が変わったものは小さな精神的興奮を呼び、それが自律神経系を介して胃腸の働きも活発にします。
こうして『別腹』ができあがるのです。

フランス料理のフルコースでは、魚料理と肉料理の間に口直しのためにシャーベット状の氷菓(グランテ)が供されます。
これもまさにマンネリを防ぎ、食欲を持続させる働きをしています。
このように報酬予測誤差がゼロにならない工夫をするのも、料理人の腕のみせどころともいえます。

『別腹』は、食欲にはエネルギーの側面からだけではなく、報酬系への充足という側面があることを示す例といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  2. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  3. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
  4. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  5. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
ページ上部へ戻る