ジュニア期での運動パターンの獲得

人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。
この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習得するといわれています。
神経系は乳幼児期の発育が著しく7~8歳で成人の約90%が完成します。
スキップ動作は、6~7歳で完成します。
この時期(6~7歳)までに、1つのスポーツを実施することはあまりよくないといわれています。
この時期の運動発達にとって非常に重要なのが、経験する運動の多様性であり、しっかりと基礎的な動きを身につけることも大切ですが、いろいろ変化をつけた動きを経験する方が学習効果は高くなります。
集中力が持続しないこの年齢段階の特徴から、多種多様なトレーニング内容を行うと効果的です。
スポーツ種目そのものの技術にこだわることなく、様々な遊びを通して、各種スポーツ種目にとって必要になる基本的な動きを獲得しておくことも重要になります。
このさまざまな刺激や経験は、運動発達だけでなく、知覚や知的発達についても指摘されています。

幼児期から小学生低学年・中学年の頃,感覚の発達や神経・筋コントロール能力の向上が著しいです。
特に、五感 (視覚・聴覚・味覚・嗅覚・皮膚感覚)ばかりでなく,運動に関する平衡感覚・位置感覚・深部感覚などが10歳までに急速に発達するので感覚的な動き (タイミング・リズム感・リラクセーションなど)はこの頃までに基礎を養う必要があるといわれています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  2. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  3. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  4. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  5. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
ページ上部へ戻る