ジュニア期での運動パターンの獲得

人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。
この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習得するといわれています。
神経系は乳幼児期の発育が著しく7~8歳で成人の約90%が完成します。
スキップ動作は、6~7歳で完成します。
この時期(6~7歳)までに、1つのスポーツを実施することはあまりよくないといわれています。
この時期の運動発達にとって非常に重要なのが、経験する運動の多様性であり、しっかりと基礎的な動きを身につけることも大切ですが、いろいろ変化をつけた動きを経験する方が学習効果は高くなります。
集中力が持続しないこの年齢段階の特徴から、多種多様なトレーニング内容を行うと効果的です。
スポーツ種目そのものの技術にこだわることなく、様々な遊びを通して、各種スポーツ種目にとって必要になる基本的な動きを獲得しておくことも重要になります。
このさまざまな刺激や経験は、運動発達だけでなく、知覚や知的発達についても指摘されています。

幼児期から小学生低学年・中学年の頃,感覚の発達や神経・筋コントロール能力の向上が著しいです。
特に、五感 (視覚・聴覚・味覚・嗅覚・皮膚感覚)ばかりでなく,運動に関する平衡感覚・位置感覚・深部感覚などが10歳までに急速に発達するので感覚的な動き (タイミング・リズム感・リラクセーションなど)はこの頃までに基礎を養う必要があるといわれています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  2. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  3. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
ページ上部へ戻る