「橋本病」

「橋本病」とは、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気で、その炎症の原因は自己免疫というものです。

免疫とは、本来ならば外から入ってきた異物から自分の身体を守る働きを持つのですが、それが自分の身体の細胞に対して起きてしまっている状態を自己免疫といいます。

「橋本病」の場合は、自分の免疫系が甲状腺に反応してしまい、その結果、炎症が起きている状態です。

甲状腺の細胞を壊し、細胞間に線維化が起こる臓器特異的自己免疫疾患です。

女性に圧倒的に多い病気で、最近の研究では10人に1人、あるいはそれ以上の頻度ではないかといわれています。

また年齢では、20代後半以降、特に30代40代に多いとされています。

甲状腺に炎症があるだけでは特に問題はなく、甲状腺が腫れているだけで甲状腺機能は正常です。

炎症といっても、何年もかかってゆっくり起こる炎症なので、痛みや発熱が起こることはありません。

甲状腺は予備能力の大きな臓器なので、少しくらい破壊されても甲状腺ホルモンをつくる能力が低下することはないのです。

しかし、破壊が甲状腺全体に広がってしまうと機能低下症になってしまいます。
橋本病の一番の問題は、甲状腺機能低下の原因となることです。

甲状腺の機能が低下すると、寒がり、皮膚がカサカサする、無気力になり頭の回転が鈍くなる、食欲がなくあまり食べないのに太る、便秘、生理の量が多くなる、髪の毛が抜ける、顔や手がむくむ、などの症状が表れます。

また、時々炎症が強くなって甲状腺からホルモンが漏れ出て、血液中の甲状腺ホルモンが過剰になり、「バセドウ病(発汗・動悸・体重減少などの症状)」と間違われることがあります。

原因としては、外敵から自分の身体を守るための免疫が、自分自身の甲状腺に反応しやすい体質を持っていることが考えられます。

体質は遺伝子で決められるものなので、原因は遺伝ということになります。
しかし、それだけで発症するわけではなく、遺伝的な要因に加えて、何らかの環境因子が関与していてると考えられています。

発症を誘因するものとして、出産・大きなストレス・ヨード(ヨードを多く含む食材:昆布・わかめ・のり・ひじき・寒天・ヨード卵など)の過剰摂取などがあります。

治療の方法ですが、甲状腺機能が正常で腫れが小さいときには特に治療の必要はなく、甲状腺ホルモンの測定を時々受け、ホルモンが低下していることが分かれば、甲状腺ホルモンを服用します。

 

また普段から運動やトレーニングで筋力・体力をつけ、疲れにくい身体をつくることも大切ですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  4. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る