過剰な腰椎前弯に対するアプローチ

過剰な腰椎前弯とは、腰椎が過度に前弯し、骨盤前傾、股関節屈曲を誘発していることを指します。

その原因は、以下のように考えられます。

腹筋群(腹横筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋)の低緊張と脊柱起立筋過緊張から、腰椎は前弯へアライメントが変化します。

また、腸腰筋、大腿直筋などの股関節屈曲筋短縮・遠心性収縮低下、大殿筋・ハムストリングスなどの股関節伸展筋・短縮性収縮能力低下は、股関節屈曲と骨盤前傾になりやすくします。

前述のアライメントを呈する症例は疾患を問わず多く経験します。

腰椎前弯の評価の際、例えば背臥位で腰部へ背部から手をいれる場合、股関節肢位によっては骨盤の代償動作が入ってしまうため股関節屈曲・伸展運動での違いも評価する必要があります。

股関節伸展運動で腰椎前弯が増強することは股関節屈曲筋の短縮が原因であると考えられます。

また、立位でも腰椎と骨盤を評価し、抗重力位の影響も考慮します。

腰部前面筋の短縮が得られず腰椎前弯が維持され、股関節伸展可動域が制限されると、より腰椎は後弯しなくなります。

腸腰筋は、遠心的な股関節伸展制動と伸展位からの屈曲の際に活発に機能します。

したがって、腰椎前弯の治療には腹部前面筋による腰椎後弯(過前弯ではない状態)を維持したまま、腸腰筋による股関節伸展方向の遠心性収縮や、脊柱起立筋の収縮を伴わない股関節伸展筋の収縮が求められます。

つまり、治療方法は骨盤後傾を誘導した体位になります。

その一例としては、背臥位でハーフストレッチポールを骨盤下に起き、骨盤後傾を保つことで内腹斜筋と腹横筋の収縮を得ます。

腹部前面筋が収縮すると、相反神経抑制により脊柱起立筋などの腰背部の緊張が低下しやすくなります。

また、呼吸を用いて腰背部のリラクゼーションと腹部前面筋の収縮を促します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  2. 2014-11-25

    「善玉」と「悪玉」って?

    以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何な…
  3. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  4. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  5. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
ページ上部へ戻る