臼蓋形成不全と肢位の関係

股関節を横走する関節周囲筋は、股関節の安定性にとって重要です。

実際には、股関節の適合を高める強力な成分を備えている梨状筋、外閉鎖筋、あるいは小殿筋、中殿筋といった、骨盤から起こって転子部につく筋のように大腿骨頸部とおおよそ平行に走る筋によって、大腿骨頭と寛骨臼の結びつきが良好に保たれています。

そのため、これらの筋は股関節の安定筋とよばれています。

これに対して内転筋のような縦走筋は、とくに寛骨臼の屋根が外反しているときには大腿骨頭を寛骨臼の上方へ脱臼させようとします。

先天性股関節脱臼では、臼蓋形成不全が存在しますが、これはX線による骨盤の前後像から容易に認められます。

正常ではY軟骨を通る水平線と寛骨臼の屋根の接線とでなすヒルゲンライナー線の角度(臼蓋角)は新生児で25°、1歳以降は15°となります。

この角度が30°を越えるとき、臼蓋形成不全が存在することになります。

脱臼はY線より上方に骨頭核が転位したり、ウィーベリ角の内反でも確認されます。

臼蓋形成不全が存在すると、内転筋群の働きにより脱臼を起こし、下肢がさらに内転しているときには余計に脱臼しやすくなります。

反対に、内転筋が脱臼を起こす収縮成分は、内転筋が最終的に関節面の適合をよくするようになる最大外転までは、外転の増大とともに低下します。

前額面および水平面における大腿骨頸部の向きは関節の安定性維持に極めて重要となります。

頸部の軸は、骨幹部の軸と120〜125°の角度をなします。

先天性股関節脱臼では、頸体角は140°に達し、内転に際して頸部の軸が正常な位置に比べ、すでに最初から20°内転している外反股をきたしています。

そのため、病的股関節における30°内転は、正常股関節50°内転と一致し、内転は、内転筋による脱臼作用を強めることが知られています。

したがって、外反股は脱臼を助長することになります。

一方、この異常な股関節は外転により安定します。

したがって、先天性股関節脱臼に対する固定療法の肢位としては、最初90°外転を用いています。

水平面では、大腿骨頸部の軸と前額面のなす角度は平均20°となります。

大腿骨頸部の軸と寛骨臼の軸は、直立位で平行とならないため、大腿骨頭の前部は寛骨臼より外側に存在します。

もし、この角度が仮に40°まで増し、大腿骨頸部がより前方へ向くなら、これは大腿骨頸部の前捻とよばれ、骨頭は前方脱臼をいっそう起こしやすくなります。

実際は、頸部軸がはじめから20°前捻しており、骨頭は前方脱臼しがちです。

事実25°の外旋が起こると、正常の頸部の軸は寛骨臼の中に納まっていますが、前捻した頸部の場合はすでに20°外旋しているため、寛骨臼縁にその軸が落ち、大腿骨頭は前方脱臼しやすくなります。

逆にいえば、大腿骨後捻は内旋と同様に安定性を増します。

これは股関節をまっすぐに伸ばした肢位や内旋とともに先天性股関節脱臼の整復の第3の肢位となる理由でもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  4. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  5. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
ページ上部へ戻る