体幹におけるローカル筋とグローバル筋

本日は体幹筋について考えてみましょう!

「体幹は大事」

当たり前のように使われるかもしれませんが、体幹、あるいはそれを構成する要素って何なんでしょうか?

体幹を安定させる筋というのは腹筋、背筋などというのは容易に想像がつくと思います。

「体幹筋」=「腹筋」+「背筋」

しかしながら、構造的・かつ機能的に考えるなら、体幹を安定させる筋は脊柱の安定化させる深層筋と運動を司る浅層筋に分けたほうがわかりやすいと思います。

体幹の深部筋は直接脊柱に付着することからローカル筋と呼ばれます。
体幹深部の筋は、筋の起始・停止が近く、動作を起こすというよりはアイソメトリックな収縮で腰椎を安定させるような筋で構成されるのです。
この性質からローカル筋は別名スタビライザー(安定化筋)とも呼ばれます。

一方、体幹浅部の筋は体幹部の運動を司る表層筋で深部筋がローカル筋と呼ばれるのに対してグローバル筋と表現され、また深部筋がスタビライザー(安定化筋)という呼び名で呼ばれるのに対しては運動を司るのでモビライザー(動作筋)という呼ばれ方をします。

体幹筋を考えるときにはどちらが大事と考えるのではなく、どの順番で使われるかが大事であり、この場合、まずは安定化を図る深部筋がしっかりと働いた上で、運動を司る浅部筋が深部筋の後で働くという順番が大事です。

腹筋など、体幹トレーニングを行っている方も多いと思いますが、まず深部にある筋を使い安定性を、その後表層の筋を鍛えてみるといった順番を気にしてみてはいかがでしょうか?

きっと体幹の使い方が変わるはずです!
お試しあれ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  2. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  3. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  4. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  5. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
ページ上部へ戻る