体幹におけるローカル筋とグローバル筋

本日は体幹筋について考えてみましょう!

「体幹は大事」

当たり前のように使われるかもしれませんが、体幹、あるいはそれを構成する要素って何なんでしょうか?

体幹を安定させる筋というのは腹筋、背筋などというのは容易に想像がつくと思います。

「体幹筋」=「腹筋」+「背筋」

しかしながら、構造的・かつ機能的に考えるなら、体幹を安定させる筋は脊柱の安定化させる深層筋と運動を司る浅層筋に分けたほうがわかりやすいと思います。

体幹の深部筋は直接脊柱に付着することからローカル筋と呼ばれます。
体幹深部の筋は、筋の起始・停止が近く、動作を起こすというよりはアイソメトリックな収縮で腰椎を安定させるような筋で構成されるのです。
この性質からローカル筋は別名スタビライザー(安定化筋)とも呼ばれます。

一方、体幹浅部の筋は体幹部の運動を司る表層筋で深部筋がローカル筋と呼ばれるのに対してグローバル筋と表現され、また深部筋がスタビライザー(安定化筋)という呼び名で呼ばれるのに対しては運動を司るのでモビライザー(動作筋)という呼ばれ方をします。

体幹筋を考えるときにはどちらが大事と考えるのではなく、どの順番で使われるかが大事であり、この場合、まずは安定化を図る深部筋がしっかりと働いた上で、運動を司る浅部筋が深部筋の後で働くという順番が大事です。

腹筋など、体幹トレーニングを行っている方も多いと思いますが、まず深部にある筋を使い安定性を、その後表層の筋を鍛えてみるといった順番を気にしてみてはいかがでしょうか?

きっと体幹の使い方が変わるはずです!
お試しあれ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  2. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  3. 2017-1-17

    骨増強のためのトレーニング

    日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこ…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
ページ上部へ戻る