可動関節とその障害発生過程

可動関節は、広範囲の運動を可能にしています。

しかし、人体は1日中何度も何度も繰り返される特定の運動のために可動関節は設計されているわけではないです。

そのため、同じ運動を長い時間繰り返し続けると、その運動に関わる関節に大きな負荷をかけることになります。

さらに、その関節に付属した、関節包や靭帯、滑膜法、筋肉、腱、神経に対しても同じことがいえます。

この機械的な負荷を繰り返す行為は、反復性運動障害を引き起こすことなります。

反復性運動傷害は累積損傷疾患の一種で、軟部組織の傷害が進行することを特徴とした病気にあたります。

反復性運動障害は、運動選手がよく経験する、使いすぎ症候群(オーバーユース)と多くの点で共通しています。

テニス選手が上腕骨上顆炎にかかる可能性があるように、仕事で肘の屈曲と伸展運動を繰り返す建設作業や、一日中何時間もパソコンのマウスを使う会社員がこのテニス肘と同じ使い過ぎ症候群(オーバーユース)にかかることが多いです。

しかし、繰り返し運動だけが反復性運動障害を引き起こすわけではありません。

関節に余分な力がかかるような悪い姿勢や生物力学上悪い形と反復運動が結合した時は、さらに危険度が増加します。

重い物体を、引き寄せたり、持ち上げたりするときのように、運動しながら力を加えるような場合にも関節への負荷が増大します。

最も危険度の高い関節は、最も弱い関節になります。

手首、背、肘、肩、頚などの関節は反復性運動障害を起こしやすい部分でもります。

本来、反復性運動障害は、長時間かけてゆっくり進行するものです。
最初は、関節に軽いものから中程度のものまでの不快感や筋の疲労、しびれとうずき、とくに夜間に感じることで始まり、傷害が進んだ状態になると、筋の衰弱、神経障害、関節可動域の制限が症状になります。
幸い、この疾患は、進行が遅いため、早い段階での治療が望まれます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  3. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  4. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
ページ上部へ戻る