可動関節とその障害発生過程

可動関節は、広範囲の運動を可能にしています。

しかし、人体は1日中何度も何度も繰り返される特定の運動のために可動関節は設計されているわけではないです。

そのため、同じ運動を長い時間繰り返し続けると、その運動に関わる関節に大きな負荷をかけることになります。

さらに、その関節に付属した、関節包や靭帯、滑膜法、筋肉、腱、神経に対しても同じことがいえます。

この機械的な負荷を繰り返す行為は、反復性運動障害を引き起こすことなります。

反復性運動傷害は累積損傷疾患の一種で、軟部組織の傷害が進行することを特徴とした病気にあたります。

反復性運動障害は、運動選手がよく経験する、使いすぎ症候群(オーバーユース)と多くの点で共通しています。

テニス選手が上腕骨上顆炎にかかる可能性があるように、仕事で肘の屈曲と伸展運動を繰り返す建設作業や、一日中何時間もパソコンのマウスを使う会社員がこのテニス肘と同じ使い過ぎ症候群(オーバーユース)にかかることが多いです。

しかし、繰り返し運動だけが反復性運動障害を引き起こすわけではありません。

関節に余分な力がかかるような悪い姿勢や生物力学上悪い形と反復運動が結合した時は、さらに危険度が増加します。

重い物体を、引き寄せたり、持ち上げたりするときのように、運動しながら力を加えるような場合にも関節への負荷が増大します。

最も危険度の高い関節は、最も弱い関節になります。

手首、背、肘、肩、頚などの関節は反復性運動障害を起こしやすい部分でもります。

本来、反復性運動障害は、長時間かけてゆっくり進行するものです。
最初は、関節に軽いものから中程度のものまでの不快感や筋の疲労、しびれとうずき、とくに夜間に感じることで始まり、傷害が進んだ状態になると、筋の衰弱、神経障害、関節可動域の制限が症状になります。
幸い、この疾患は、進行が遅いため、早い段階での治療が望まれます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  3. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  4. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  5. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
ページ上部へ戻る