関節軟骨とその特性

関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。

関節の固定はこれを阻害し軟骨細胞の壊死や軟骨基質の吸収が起こります。

関節軟骨は硝子軟骨に分類され、軟骨細胞とその周辺に存在する細胞外基質によって構成されています。

細胞外基質の主成分は水分であり、湿重量でその70~80%を占めます。
水分以外にはコラーゲン、プロテオグリカン、非コラーゲン性タンパク、糖タンパクからなり、乾燥重量ではコラーゲンが50%、プロテオグリカン35%、非コラーゲン性タンパク15%となり、いずれも軟骨細胞から産生されます。

コラーゲンのポリペプチド鎖が3本絡み合いコラーゲン分子が形成され、コラーゲン細線維がつくられます。
これが網目構造をつくり、「軟骨組織の形態維持と張力に抵抗する役割」を果たします。

プロテオグリカン(アグリカン)は中央にコアタンパクが存在し、これにムコ多糖が付着し形成されます。

コラーゲン線維の網目構造と、糖タンパク、ムコ多糖からなるゲル状の軟骨基質の特性により、「軟骨は外力に対して形状を変化させ、力を分散・吸収し、外力が除かれると元の形を復元します。」

さらに「滑液の粘性とも相まって、関節に滑らかさを与える」働きもします。

軟骨組織中には血管、神経、リンパ組織等は存在しません。

そのため関節軟骨に一度損傷や変性が生じると元の硝子軟骨には修復されないことがわかっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  4. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  5. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
ページ上部へ戻る