L5-S1の脊椎前方すべり症

脊椎前方すべり症とは、ある脊椎がほかの脊椎と比較して前方にずれた、あるいは変位した状態のことをいいます。

このような状況は、L5-S1接合部に生じる場合が多いとされ、この疾患は、過剰なストレスあるいは疾病により後天的なものもあれば、先天的なものもあります。

L5とS1に生じる後天性の前方すべり症は進行性である可能性が高く、一部の症例は、この領域の過伸展が関係する身体活動を反復したことにより生じたものだとされています。

また、重症の前方すべり症では、その神経束がL5-S1接合部を通ることから、馬尾に損傷を与える可能性も示唆されています。

前述のように、下部腰椎を過伸展させる運動やその他の活動は、前方すべり症の患者には禁忌であり、とりわけ、疾病が不安定あるいは進行性のものであれば絶対禁忌となります。

下部腰椎の過伸展は、すなわち腰椎前彎を増大させるため、仙骨の傾きが大きくなり、L5とS1のあいだの前方剪断力が増大するためです。

L5-S1を越える脊柱起立筋は、その力のベクトルによって、仙骨上部と平行な前方剪断力を生み出します。

この剪断力の方向は、隣接する脊柱起立筋線維の向きと仙骨水平角度40°の関数になります。

つまり、理論上では筋の力が強いほどL5-S1接合部での前方剪断力も強くなります。

特に、筋活動によって腰椎に前彎が増強すると、剪断力はさらに大きくなります。

腰椎部の起立筋によって生じる前方剪断力は、主としてL5-S1接合部に現れ、腰部全体に生じることはありません。

正常な位置では、中位腰椎の椎体上面は、より水平の向きになります。

この部位を横断する脊柱起立筋は、腰椎椎体間関節に作用する後方剪断力を生み出す可能性が高いとされています。

この筋由来の剪断力は、生理的に有用で、身体の前方で大きな荷物を持ち上げるときに自然に生じる前方剪断力に対する抵抗力となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-12

    スポーツの場面での「かけ声」の効果

    身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性…
  4. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  5. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
ページ上部へ戻る