L5-S1の脊椎前方すべり症

脊椎前方すべり症とは、ある脊椎がほかの脊椎と比較して前方にずれた、あるいは変位した状態のことをいいます。

このような状況は、L5-S1接合部に生じる場合が多いとされ、この疾患は、過剰なストレスあるいは疾病により後天的なものもあれば、先天的なものもあります。

L5とS1に生じる後天性の前方すべり症は進行性である可能性が高く、一部の症例は、この領域の過伸展が関係する身体活動を反復したことにより生じたものだとされています。

また、重症の前方すべり症では、その神経束がL5-S1接合部を通ることから、馬尾に損傷を与える可能性も示唆されています。

前述のように、下部腰椎を過伸展させる運動やその他の活動は、前方すべり症の患者には禁忌であり、とりわけ、疾病が不安定あるいは進行性のものであれば絶対禁忌となります。

下部腰椎の過伸展は、すなわち腰椎前彎を増大させるため、仙骨の傾きが大きくなり、L5とS1のあいだの前方剪断力が増大するためです。

L5-S1を越える脊柱起立筋は、その力のベクトルによって、仙骨上部と平行な前方剪断力を生み出します。

この剪断力の方向は、隣接する脊柱起立筋線維の向きと仙骨水平角度40°の関数になります。

つまり、理論上では筋の力が強いほどL5-S1接合部での前方剪断力も強くなります。

特に、筋活動によって腰椎に前彎が増強すると、剪断力はさらに大きくなります。

腰椎部の起立筋によって生じる前方剪断力は、主としてL5-S1接合部に現れ、腰部全体に生じることはありません。

正常な位置では、中位腰椎の椎体上面は、より水平の向きになります。

この部位を横断する脊柱起立筋は、腰椎椎体間関節に作用する後方剪断力を生み出す可能性が高いとされています。

この筋由来の剪断力は、生理的に有用で、身体の前方で大きな荷物を持ち上げるときに自然に生じる前方剪断力に対する抵抗力となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014-12-27

    肩こりに効く経穴「肩井」

    慢性的に肩凝りの方、普段は感じないのにパソコン作業が長時間続いたりすると肩が凝る方、今の季節だと寒さ…
  3. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
ページ上部へ戻る