エゴマ油と脂質代謝

エゴマ(荏胡麻)はシソ科シソ属に分類される植物で、エゴマのほかに、シソ、アオジソ、などがこれに属しています。

エゴマは、アレルギー、ガンなどに対する抑制作用があるn-3系脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれており、脳、神経、網膜などの機能を保つ働きも持っています。

さらにα-リノレン酸は、血清脂質濃度低下作用、肝臓の脂肪酸合成低下作用、β酸化活性を高めるとされており、また、n-3系脂肪酸がPPAR(peroxisome proliferator-activated receptor)の活性化によるβ酸化亢進と、SREBP(sterol regulatory element-binding protein)のmRNA発現抑制による脂肪酸合成抑制を行うことも示唆され注目されています。

PPARは糖・脂質代謝の制御などさまざまな活動の制御に関わるタンパク質で、核内受容体のほかに転写因子としても機能します。

SREBPは脂肪酸代謝、コレステロール代謝の制御において中心的役割を担うタンパク質です。

また、エゴマ油のようなn-3系不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸を豊富に含む油脂を適切に摂取することで、抗アレルギー作用、アトピー性皮膚炎やガンの抑制作用のほかに、高血圧予防、血小板凝集抑制、気管支喘息抑制などの栄養学的、生理学的効果が現れると言われています。

えごま油は不飽和度が高く、他の市販の食用油に比べて酸化劣化しやすいため、その用途は制約されています。

劣化に関係するいくつかの要素において、温度の寄与がとりわけ高く、低温(冷蔵庫)に保存すればきわめて安定します。

しかしそれでも、開封後は3ヶ月ほどが限度でしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  2. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  3. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  4. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  5. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
ページ上部へ戻る