「足」は一般的には足関節と足部が含まれ、1つの機能ユニットとして考えられています。

足は脛骨と腓骨に連なる7個の足根骨と5つの中足骨、14個の趾骨、および数個の種子骨、過剰骨から成り立っています。

身体全体の骨の数が206個と言われますが、そのうち56個、全体の25%近くが足に存在して複雑に機能しているのです。

これだけでも足がいかにヒトにとって大事であるかがわかります。

さて、この「足」ですが、臨床の現場で考える際は、主に後足部、中足部、前足部などと表現したりすることが多いです。

後足部は横足骨関節より近位の部分で、機能的にはいくつかに分けて考えなければいけない部分です。
例えばですが、後足部は可動性がある部分であり、足部の柔軟性が求められます。
ですが、その一方では固定性も必要となったりします。
また、近位の関節や骨へ力を伝達する際のキーポイントになる部分でもあったりするのです。

中足部は横足根関節から足根中足関節までの間で、機能的にはほとんど可動性はなく、1つの剛体として捉えていくことが大切になります。

そして前足部。
前足部は足根中足関節から遠位の部分を指して、その機能としては可動性を持ち合わせた身体の土台として働くと言われています。
また重心の移動に着いても前足部が働き、主に身体を前方に押しやる推進力を発揮する機能を有しているとも言われています。

この機能的にそれぞれちがう前足部、中足部、後足部が複雑に機能しながら我々は立位を維持し歩行することができているといえます!
しっかりと機能の違いを頭に入れて「足」の評価する必要がありますね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  2. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  3. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
  4. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  5. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
ページ上部へ戻る