呼吸調整中枢とその機能

呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。

つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要があります。

この調和を可能にするために、延髄に存在する呼吸ニューロンは、発声、嚥下、においを嗅ぐこと、嘔吐、疼痛に関係した神経回路網から入力を受けます。

例えば、腹側呼吸ニューロン群は、橋の傍小脳脚複合体の一部と接続しており、これは橋呼吸ニューロン群あるいは呼吸調整中枢と名付けられています。

これらの橋ニューロンは、食物を噛んだり飲み込んだりするような行動と呼吸を調和させることで、噛んだり飲んだりしているときに最大吸息の状態で息を止めることができます。

これを持続性吸息と呼びます。

必要なら残った肺内の空気で咳嗽(いわゆる、せき)を起こし、気道に入りそうな食物や飲み物を追い出します。

三叉神経脊髄路運動核と主知覚核の間のニューロンは、顔面や上気道の感覚神経線維から入力を受け、延髄腹外側に投射することで、一時的に呼吸を止め、塵埃や水を誤って飲み込まないようにしています。

このようにして、呼吸はその他の運動と調和することで、無意識的に働き続けることが出来るのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  2. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  3. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る