女子サッカー選手における女性特有のコンディション

女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うことが重要になります。

{女性の身体の特徴}

1.身長
1年間の身長の伸びが最大に達する成長スパートの時期が10~14歳で、男性よりも2~3歳早くなります。

2.骨成熟
第2次性徴は女性の方が早くなります。それに伴い、骨端線の閉鎖は女性の方が早く、骨密度の増加も女性の方がやや早くなります。

3.筋量・体脂肪
筋量は約36%で男性と比較して約10%低く、体脂肪は22~26%と男性より約10%高くなります。

4.月経
男性との最大の相違になります。日本産科婦人科学会の定義では「約1か月の間隔で起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血」とされています。

a.初経
初めて初来した月経のことで、通常は10~14歳の間にみられ、平均だと約12.8歳になります。

b.月経周期
月経の開始した日が1日目で、次の月経前日までを月経周期といいます。正常周期は、25~38日になります。月経から排卵までの卵胞の発育時期を卵胞期、排卵以後の次回月経開始までを黄体期といいます。黄体期は12~16日とほぼ一定していて、28周期の場合、排卵は月経周期14日目頃に生じます。月経周期の長い人は卵胞期の日数が長くなります。

c.性腺および性腺刺激ホルモン
月経は、中枢性のホルモン分泌によってコントロールされています。視床下部・下垂体・卵巣がそれぞれ協調して働きます。主に下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンが月経に関与します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
  2. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る