結合組織が原因になった関節可動域制限

結合組織によって構成される皮膚、皮下組織、筋膜、靭帯、腱、関節包が原因で起こる拘縮のことを「結合組織性拘縮」と呼びます。
これは、結合組織が器質的に変化したことに由来して起こる拘縮です。

特に真皮や筋膜は結合組織の要構成であるコラーゲン線維が組織の長軸方向に対して様々な方向に配列しており、皮下組織や滑膜はコラーゲン線維の構成が疎であることから、元来伸張性に富んでいる組織であると言われています。
つまり、これらの組織は不動の影響を受けやすく、結合組織に器質的変化が及ぶと伸張性の低下が著しくなり、関節可動域の制限にも強い影響を及ぼすことになります。

一方で、靭帯と腱はコラーゲン線維が密な構成体で、組織の長軸方向に対してコラーゲン線維がほぼ平行に配列していることから、元来伸張性に乏しい組織であると言われています。
したがって、結合組織に器質的な変化が及び伸張性の低下が惹起されても関節可動域の制限に与える影響はさほど強くならないと考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  2. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  3. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  4. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  5. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
ページ上部へ戻る