体性感覚情報と脊髄小脳路

脊髄小脳は、脊髄から広範な感覚入力を受け取っています。

入力されるのは主として体性感覚受容器からの触覚、圧覚、四肢の位置に関する情報で、いくつかの直接経路や間接経路を通ってきます。

この入力は小脳に自分の身体と周囲の環境の刻々と変化する状態についてさまざまな情報を提供し、その比較を可能にしています。

直接経路は脊髄の灰白質の介在ニューロンより起始し、脊髄小脳の虫部で苔状線維として終止します。

脊髄から小脳への間接経路は、まずは脳幹網様体の小脳前核である外側網様核、橋被蓋網様核、傍正中網様核のうちの1つのニューロンに終止します。

小脳の働きの基本原理は、脊髄の介在ニューロンからの2つの重要な経路に基いて理解することができます。

腹側脊髄小脳路と背側脊髄小脳路は、どちらも脊髄から小脳に直接情報を伝えますが、伝える情報の種類は異なっています。

背側脊髄小脳路は、筋や関節にある受容器からの体性感覚情報を小脳に送り、運動の結果に関する感覚フィードバックを提供します。

この情報の流れは、四肢が受動的に動く時にも随意的に動く時にも生じます。

対照的に、腹側脊髄小脳路は、随意的な運動時にのみ活動します。

この経路が起始する細胞は、脊髄の運動ニューロンの活動の遠心性コピーを小脳に送り、脊髄で組み立てられた運動指令に関する情報を伝えます。

小脳は、企画された運動に関するこの情報と、背側脊髄小脳路が伝える実際に生じた運動の情報を比較して、目的とする運動が実行されるように運動指令を修正すべきかどうかを決定すると考えられています。

背側脊髄小脳路と腹側脊髄小脳路は後肢に関する情報を小脳に伝え、楔状束核小脳路と吻側の脊髄小脳路は、より吻側の体部位からの同様の入力を供給します。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  4. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  5. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
ページ上部へ戻る