体性感覚情報と脊髄小脳路

脊髄小脳は、脊髄から広範な感覚入力を受け取っています。

入力されるのは主として体性感覚受容器からの触覚、圧覚、四肢の位置に関する情報で、いくつかの直接経路や間接経路を通ってきます。

この入力は小脳に自分の身体と周囲の環境の刻々と変化する状態についてさまざまな情報を提供し、その比較を可能にしています。

直接経路は脊髄の灰白質の介在ニューロンより起始し、脊髄小脳の虫部で苔状線維として終止します。

脊髄から小脳への間接経路は、まずは脳幹網様体の小脳前核である外側網様核、橋被蓋網様核、傍正中網様核のうちの1つのニューロンに終止します。

小脳の働きの基本原理は、脊髄の介在ニューロンからの2つの重要な経路に基いて理解することができます。

腹側脊髄小脳路と背側脊髄小脳路は、どちらも脊髄から小脳に直接情報を伝えますが、伝える情報の種類は異なっています。

背側脊髄小脳路は、筋や関節にある受容器からの体性感覚情報を小脳に送り、運動の結果に関する感覚フィードバックを提供します。

この情報の流れは、四肢が受動的に動く時にも随意的に動く時にも生じます。

対照的に、腹側脊髄小脳路は、随意的な運動時にのみ活動します。

この経路が起始する細胞は、脊髄の運動ニューロンの活動の遠心性コピーを小脳に送り、脊髄で組み立てられた運動指令に関する情報を伝えます。

小脳は、企画された運動に関するこの情報と、背側脊髄小脳路が伝える実際に生じた運動の情報を比較して、目的とする運動が実行されるように運動指令を修正すべきかどうかを決定すると考えられています。

背側脊髄小脳路と腹側脊髄小脳路は後肢に関する情報を小脳に伝え、楔状束核小脳路と吻側の脊髄小脳路は、より吻側の体部位からの同様の入力を供給します。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  2. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  3. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  4. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  5. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
ページ上部へ戻る