体性感覚情報と脊髄小脳路

脊髄小脳は、脊髄から広範な感覚入力を受け取っています。

入力されるのは主として体性感覚受容器からの触覚、圧覚、四肢の位置に関する情報で、いくつかの直接経路や間接経路を通ってきます。

この入力は小脳に自分の身体と周囲の環境の刻々と変化する状態についてさまざまな情報を提供し、その比較を可能にしています。

直接経路は脊髄の灰白質の介在ニューロンより起始し、脊髄小脳の虫部で苔状線維として終止します。

脊髄から小脳への間接経路は、まずは脳幹網様体の小脳前核である外側網様核、橋被蓋網様核、傍正中網様核のうちの1つのニューロンに終止します。

小脳の働きの基本原理は、脊髄の介在ニューロンからの2つの重要な経路に基いて理解することができます。

腹側脊髄小脳路と背側脊髄小脳路は、どちらも脊髄から小脳に直接情報を伝えますが、伝える情報の種類は異なっています。

背側脊髄小脳路は、筋や関節にある受容器からの体性感覚情報を小脳に送り、運動の結果に関する感覚フィードバックを提供します。

この情報の流れは、四肢が受動的に動く時にも随意的に動く時にも生じます。

対照的に、腹側脊髄小脳路は、随意的な運動時にのみ活動します。

この経路が起始する細胞は、脊髄の運動ニューロンの活動の遠心性コピーを小脳に送り、脊髄で組み立てられた運動指令に関する情報を伝えます。

小脳は、企画された運動に関するこの情報と、背側脊髄小脳路が伝える実際に生じた運動の情報を比較して、目的とする運動が実行されるように運動指令を修正すべきかどうかを決定すると考えられています。

背側脊髄小脳路と腹側脊髄小脳路は後肢に関する情報を小脳に伝え、楔状束核小脳路と吻側の脊髄小脳路は、より吻側の体部位からの同様の入力を供給します。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  3. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  4. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  5. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
ページ上部へ戻る