高齢者の歩行と注意

2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重要な能力となります。

たとえば高齢者が、友人を会話しながら道路を横断したり、それと同時に接近してくる車を避けるために両側を見渡しながら横断歩道を渡らなければならないこともあるでしょう。

過去10年間に、移動運動と認知能力を要求される他の課題を同時に遂行する高齢者の能力に注目し、多くの研究が行われてきましたが、これは注意に関する問題が転倒に関与する因子がどうかを知るためのものであったとされています。

注意に関して研究するためには、注意という言葉の定義を行うことが必要になります。

ここでいう注意とは、一人の個人の情報処理過程の許容能力として定義されます。

PCでいうところのメモリ(RAM)といったものでしょう。

この情報処理過程の許容能力に関しては次のような仮説があります。

それによると、いかなる個人にも制限があること、そしていかなる課題を遂行するにもある与えられた許容能力が必要になる、というものです。

したがって、もし2つの課題が同時に実行される場合で、しかもそれぞれの許容能力を加えた以上の許容能力を必要とするならば、いずれかまたは両方のパフォーマンスが低下することになります。

高齢者の許容能力は、歩行と同時に第二の運動課題あるいは認知課題を遂行するときにストレスを受け、歩行や第二課題にある問題が浮かび上がりますが、その理由として「いずれかの課題を遂行するための能力が制限されており、注意がいっそう必要になる」ことと「高齢者の情報処理許容能力の限界で、2つの課題に効率的に注意を分配することが困難になる」ことが挙げられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  3. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  4. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  5. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
ページ上部へ戻る