ミネラルウォーターのあり方

「ミネラル」とは、ナトリウムやカルシウムなど水にとけている鉱物をさします。

ミネラルウォーターは食品衛生法によると「水のみを原料とする清涼飲料水」とされています。

1990年に農林水産省は処理方法などによって「ミネラルウォーター」を4種類に分類するガイドラインを発表しました。

ガイドラインによるとミネラルウォーターは「ミネラル」といいながら必ずしもミネラルが豊富な水でなくてもいいのです。

たとえ原水が水道水でも、まったくミネラルがない水でも、飲むことのできる水をボトリングすれば「ミネラルウォーター」といって問題はないのです。

水に含まれるマグネシウムとカルシウムの合計量を水の「硬度」といいます。

日本では1リットル中に100ミリグラム未満を軟水、それ以上を硬水と分けています。

硬水といってもミネラルの量は微々たるものなので、ミネラルウォーターだけで不足したミネラルを摂るのは難しく、食物からの摂取が必要になります。

1965年に厚生省(当時)は、アルカリイオン水の効能を「飲用して制酸、胃酸過多に有効」と薬事法で承認していましたが、1992年に国民生活センターが、制酸などの効能を疑問視する検査結果を発表しています。

調査によるとアルカリイオン水のアルカリ度は低く、胃腸薬1包と同程度の胃酸中和力を期待するには10リットル以上飲む必要があるということです。
そうなると、効果を得るのは難しくなります。

海洋深層水は、光が届かない深海では、植物性プランクトンによる光合成が行われないため、窒素やリンなどの成分が海水に残るといわれます。

しかし、海洋深層水を私たちが飲用水とするためには、塩分をのぞく処理が必要になります。

その処理によってミネラルが失われるため、処理後に濃縮ミネラルを少し添加するものが多いようです。

栄養(ミネラル)不足を補うためにミネラルウォーターを飲んで安心している人は要注意です。

栄養素は食物から摂取した方が良いでしょう。

炭酸飲料など糖分が高い物を飲んでいる人は、ミネラルウォーターに変えれば糖質カットができ、健康につながるでしょう。

ミネラルウォーターは、過大な効果を求めず、無駄なもの、摂りすぎているものを軽減するために摂取すると良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2017-3-21

    持続トレーニングとインターバルトレーニング

    中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
  5. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
ページ上部へ戻る