呼吸の仕組み

肺は胸腔内に収まっていますが、胸腔の側壁は胸郭という骨格であり、その床は横隔膜です。
胸郭をつくる肋骨は後上方から前下方に向かうように位置しています。
肋骨の間には後上方から前下方に向かう外肋間筋とそれと交叉するように前上方から後下方に向かう内肋間筋があります。
外肋間筋が収縮すると、上下に並んだ肋骨間の距離が短くなるように働くので、肋骨は全体として前上方に引き上げられます。
また、内肋間筋が収縮すると、逆に肋骨は全体として後下方に引き下げられます。
一方、横隔膜は胸腔に向かってドーム状に突出しています。
横隔膜が収縮すると、ドーム状の部分の高さが低くなり、全体が引き下げられます。
ここで、胸腔という容器全体の内容積を考えてみると、まず外肋間筋が収縮すると、肋骨が引き上げられて、胸腔の前後の長さが増えるので、全体の容積は増加します。
同様に、横隔膜が収縮しても、ドーム状の部分が引き下げられるために、胸腔の容積は増加します。

横隔膜が収縮したり、外肋間筋が収縮したりして、胸腔の容積が増加すると、胸腔内は大気よりも圧が低くなってしまいます。
ところが、肺は気管支を通じて外部から空気が出入りできるので、圧の低い胸腔内にある肺の細胞に向かって、圧が大気圧よりも小さくなってしまい、胸腔の容積が小さくなるように、肋骨は下がっていき、横隔膜はドーム状に引っ張り上げられていきます。これが呼気になります。

このとき、内肋間筋が収縮して、強制的に肋骨を引き下げると、より強く、早く息を吐き出すことになります。

横隔膜が収縮すると腹圧が上昇して腹壁が持ち上がります。
この呼吸が腹式呼吸です。

また、深呼吸をして、思い切り空気を吸い込んだり、吐き出したりする場合には、内外肋間筋も働きます。
このときには、胸郭が拡大したり、縮小したりする呼吸が胸式呼吸です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る