エネルギー供給機構を考える。

筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るためには消費したATPを再合成し続けなければならない。

ATP を再合成するためのエネルギー供給系にはATP-CP 系、解糖系、酸化系があり、運動時間によって変化する。

1)ATP-CP 系

ATPを最も短時間に再合成することができる反応である。

クレアチンキナーゼ(CK)に よってクレアチンリン酸(PCr)が分解される と 、“ A D P + P C r ←→ A T P + C r ” の反応が引き起こされる。

2)解糖系

解糖系には2種類ある。

1つは、グリコーゲン、またはグルコースを用いてATPを再合成するものであり、酸素を使わずにピルビン酸を乳酸に変換してATPを再合成するものである。(無酸素的解糖)

もう1つは、ピルビン酸をアセチルCoA に変換して、酸素を用いながら TCA サイクルおよび電子伝達系で多くのATPを再合成するものである。(有酸素的解糖)

無酸素的解糖は、比較的早くATP を再合成することができるが、疲労物質である乳酸を生成してしまう。

3)酸化系

脂質をβ酸化してアセチルCoA にまで分解し、その後有酸素的解糖と同様に TCA サイクルおよび電子伝達系で酸素を用いながらATP を再合成する過程である。

糖質と脂質は、分子構造が異なるため、脂質のほうが多くのアセチルCoAを作り出すことができ、多くのエネルギー供給が可能となる。

ただし、β酸化の反応はゆっくりであるため、一気に多量のエネルギーを放出することはできない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る