エネルギー供給機構を考える。

筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るためには消費したATPを再合成し続けなければならない。

ATP を再合成するためのエネルギー供給系にはATP-CP 系、解糖系、酸化系があり、運動時間によって変化する。

1)ATP-CP 系

ATPを最も短時間に再合成することができる反応である。

クレアチンキナーゼ(CK)に よってクレアチンリン酸(PCr)が分解される と 、“ A D P + P C r ←→ A T P + C r ” の反応が引き起こされる。

2)解糖系

解糖系には2種類ある。

1つは、グリコーゲン、またはグルコースを用いてATPを再合成するものであり、酸素を使わずにピルビン酸を乳酸に変換してATPを再合成するものである。(無酸素的解糖)

もう1つは、ピルビン酸をアセチルCoA に変換して、酸素を用いながら TCA サイクルおよび電子伝達系で多くのATPを再合成するものである。(有酸素的解糖)

無酸素的解糖は、比較的早くATP を再合成することができるが、疲労物質である乳酸を生成してしまう。

3)酸化系

脂質をβ酸化してアセチルCoA にまで分解し、その後有酸素的解糖と同様に TCA サイクルおよび電子伝達系で酸素を用いながらATP を再合成する過程である。

糖質と脂質は、分子構造が異なるため、脂質のほうが多くのアセチルCoAを作り出すことができ、多くのエネルギー供給が可能となる。

ただし、β酸化の反応はゆっくりであるため、一気に多量のエネルギーを放出することはできない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  3. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  4. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  5. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
ページ上部へ戻る