エネルギー供給機構を考える。

筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るためには消費したATPを再合成し続けなければならない。

ATP を再合成するためのエネルギー供給系にはATP-CP 系、解糖系、酸化系があり、運動時間によって変化する。

1)ATP-CP 系

ATPを最も短時間に再合成することができる反応である。

クレアチンキナーゼ(CK)に よってクレアチンリン酸(PCr)が分解される と 、“ A D P + P C r ←→ A T P + C r ” の反応が引き起こされる。

2)解糖系

解糖系には2種類ある。

1つは、グリコーゲン、またはグルコースを用いてATPを再合成するものであり、酸素を使わずにピルビン酸を乳酸に変換してATPを再合成するものである。(無酸素的解糖)

もう1つは、ピルビン酸をアセチルCoA に変換して、酸素を用いながら TCA サイクルおよび電子伝達系で多くのATPを再合成するものである。(有酸素的解糖)

無酸素的解糖は、比較的早くATP を再合成することができるが、疲労物質である乳酸を生成してしまう。

3)酸化系

脂質をβ酸化してアセチルCoA にまで分解し、その後有酸素的解糖と同様に TCA サイクルおよび電子伝達系で酸素を用いながらATP を再合成する過程である。

糖質と脂質は、分子構造が異なるため、脂質のほうが多くのアセチルCoAを作り出すことができ、多くのエネルギー供給が可能となる。

ただし、β酸化の反応はゆっくりであるため、一気に多量のエネルギーを放出することはできない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  2. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  4. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  5. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
ページ上部へ戻る