運動感覚情報と内部モデル

体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことです。
この体性感覚のうち、主として深部受容器が運動感覚もしくは固有感覚に寄与し、これらの感覚は複数の感覚を包含する意味で使用されています。
それは、関節位置および四肢または体幹の動きなどの感覚 (位置覚・運動覚)、努力感、筋の張力、重量そしてスティフネスなど筋の力に関連した感覚 (力覚)、 筋収縮のタイミングに関する感 覚、姿勢および身体図式の大きさの感覚の4つであるとも報告されています。

運動の感覚信号は、末梢の筋・腱・関節周囲・皮膚などに数多く存在する受容器からの入力だけではなく、同様に中枢からの運動指令入力「efferent copy:遠心性コピー」、「corollary discharge:随伴放電」も考えられます。

「efferent copy」とは、運動制御において運動の指令が運動野に送られるだけでなく、その信号のコピーが感覚領野にかえってくるという考え方です。
このコピーは感覚フィードバックの予測に使われると考えられており、こうした信号は運動の主体の感覚に必要であるとされています。
一方で「corollary discharge」とは、例えば目や頭が動く前に運動系から感覚系にこれから目や頭をどう動かすかを知らせる情報が送られるように、神経系の働きに伴う神経細胞活動を随伴発射あるいは随伴放電(Corollary Discharge)と呼んでいます。

運動学習においては、学習者に対して行為や活動の結果として生じた 『結果の知識 (knowledge of result )』の与え方が重要であると考えられています。
さらに、その「結果」を誘起した動作がどのような様態であったかを学習者が知るためには、身体運動像を内的に構築するための運動感覚情報が必要であり、運動感覚情報は運動制御に対する貢献のみならず身体運動像の構築、いわゆる「内部モデル」の構築を通じた運動学習においても重要であると考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  2. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  4. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  5. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
ページ上部へ戻る