大脳小脳とその投射

多くの学者や研究者は当初、臨床観察から小脳の半球外側部、すなわち大脳小脳は、小脳の他の部位と同じように運動機能に関係すると考えていました。

しかし最近の臨床研究や実験研究では、ヒトの半球外側部が、知覚や認知の機能ももつことを示唆しています。

実際、ヒトの大脳皮質の前頭葉がサルに比べて大きく発達しているように、ヒトの小脳半球外側部はサルに比べてはるかに大きくなっています。

小脳の他の領域が脊髄からのより直接的な感情情報を受けているのに対して、小脳半球外側部は大脳皮質からの入力のみを受けています。

この大脳皮質からの出力は、橋核で中継され、中小脳脚を経由して、対側の歯状核と小脳半球外側部に伝えられ、小脳半球外側部のプルキンエ細胞は歯状核に出力します。

歯状核のニューロンの軸索の大半は、上小脳脚に経由し小脳を出て、おもに次の2ヶ所に出力します。

出力先の1つは対側の視床外側腹側核で、ここは中位核からの入力も受け、視床外側腹側核のニューロンは運動前野と一次運動野に投射します。

歯状核のニューロンのもう1つの主要な出力先は、対側の赤核、詳しく言うと、赤核の中でも中位核からの投射を受ける大細胞部ではない小細胞部です。

小細胞部のニューロは下オリーブ核に投射し、下オリーブ核はふたたび対側の小脳に登上線維を投射するので、反回性ループを形成します。

小細胞部のニューロンは、歯状核からの入力のほかに運動前野の外側部からの入力も受けます。

脳画像所見をもとに、運動前野、小脳半球外側部、赤核小脳路h,運動のメンタルリハーサルや、恐らく運動学習にも関与するという考え方が提案されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  2. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  3. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  4. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  5. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
ページ上部へ戻る