大脳小脳とその投射

多くの学者や研究者は当初、臨床観察から小脳の半球外側部、すなわち大脳小脳は、小脳の他の部位と同じように運動機能に関係すると考えていました。

しかし最近の臨床研究や実験研究では、ヒトの半球外側部が、知覚や認知の機能ももつことを示唆しています。

実際、ヒトの大脳皮質の前頭葉がサルに比べて大きく発達しているように、ヒトの小脳半球外側部はサルに比べてはるかに大きくなっています。

小脳の他の領域が脊髄からのより直接的な感情情報を受けているのに対して、小脳半球外側部は大脳皮質からの入力のみを受けています。

この大脳皮質からの出力は、橋核で中継され、中小脳脚を経由して、対側の歯状核と小脳半球外側部に伝えられ、小脳半球外側部のプルキンエ細胞は歯状核に出力します。

歯状核のニューロンの軸索の大半は、上小脳脚に経由し小脳を出て、おもに次の2ヶ所に出力します。

出力先の1つは対側の視床外側腹側核で、ここは中位核からの入力も受け、視床外側腹側核のニューロンは運動前野と一次運動野に投射します。

歯状核のニューロンのもう1つの主要な出力先は、対側の赤核、詳しく言うと、赤核の中でも中位核からの投射を受ける大細胞部ではない小細胞部です。

小細胞部のニューロは下オリーブ核に投射し、下オリーブ核はふたたび対側の小脳に登上線維を投射するので、反回性ループを形成します。

小細胞部のニューロンは、歯状核からの入力のほかに運動前野の外側部からの入力も受けます。

脳画像所見をもとに、運動前野、小脳半球外側部、赤核小脳路h,運動のメンタルリハーサルや、恐らく運動学習にも関与するという考え方が提案されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  2. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  5. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
ページ上部へ戻る