筋膜による筋間連結の役割

筋細胞(筋線維)は筋内膜で覆われ、筋線維の束(筋束)は筋周膜で覆われています。
さらに多数の筋束が筋周膜から派生した筋外膜によりひとつの骨格筋(全筋)としてまとめられています。
つまり一般的に「筋」と呼ばれる全筋は、複数の結合組織層に束ねられた構造をしていることになります。
そして複数の全筋は互いに筋外膜どうしを連結させ、骨、筋間中隔、深在筋膜よりなる区画にまとめられて存在しています。

ヒトにおけるおもな深在筋膜を考えると、下肢と背部にあり下肢の深在筋膜は部位により股関節深在筋膜、大腿筋膜、下腿深在筋膜、足部深在筋膜の4つに分けられます。

一般に、筋膜(fascia)とは筋線維あるいは筋の表面を包む膜あるいは隣接筋との間にある薄いフィルム状の層を表し、筋あるいは筋群の形状と位置を保持しています。
またこの筋膜は疎性結合組織性の膜で伸縮性があるため、筋は隣接筋と独立して収縮することができます。
さらにそれは隣接筋との摩擦を最小限に抑えて生体の動きを滑らかにして速い動きに対応できるようにしています。
また、筋外膜は筋束を束ねるだけでなく、隣接筋の張力を伝える役割があるとも報告されています。

一方、筋間中隔および深在筋膜は密性結合組織の膜であり、多量のコラーゲン線維が密に結合をしている頑強な膜になっています。
そしてこの深在筋膜は、筋群や腱を保持し筋と筋の横滑りを抑制して外傷を受けにくくする役割も担っています。

例えば、膝伸筋は日常生活における基本的動作には欠かせない筋です。
この膝伸筋は、内転筋群およびハムストリングス筋群と互いに連結し、深在筋膜(大腿筋膜)により大腿部内に包みこまれています。
そのため、これらの連結が膝伸筋の筋出力に影響を与えているという報告もされています。

このように膜性の連結は構造体の制動や力学的なサポート役として機能していることを忘れないようにしなければなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  2. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  3. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
ページ上部へ戻る